広島ドラフト7位ルーキー・羽月隆太郎選手、小園に負けない存在感みせる

羽月隆太郎

広島カープにドラフト7位で指名された羽月隆太郎選手が、新人合同自主トレでドラフト1位の小園海斗選手に負けない存在感を見せている。

高卒1年目でここまでの動きは見た事が無い

羽月隆太郎選手は神村学園で2年生夏の甲子園に出場し、2試合で2本の3ベースヒットを記録、鋭い打球を左右に打ち、50m5.7秒の身体能力が評価され、ドラフト7位で広島が指名した。

その羽月選手が新人合同自主トレで高い敏捷性を見せ、三浦トレーナーも「格段に動きがいい。高卒1年目でここまでの動きは見たことがない」と話し、その身体能力を高く評価した。

羽月選手も「足で人を魅了できる選手になっていければなと思っています」と話し自慢の足をアピールする。「少しの回り方で二塁打が三塁打になる。右中間や左中間はしっかり最短で走れば、自分の足ならいけると思う。キャンプでも少しの回り方にこだわってやっていきたい」と話し、走塁で長打にしていくスタイルを見せていく。

「五流ぐらい」と課題としている打撃を磨くことができれば、U18で世界を驚愕させる足を見せた小園選手を超えるスピードスターとして活躍するかもしれない。「ケガしない体作りはもちろん、小園に負けないように」と、同学年のドラフト1位ルーキーをライバルとして成長を見せる。

広島東洋カープ、過去のドラフト指名一覧

この日のトレーニングでは、高い敏しょう性も示した。三浦トレーナーは「格段に動きがいい。(スピードを)0から100にするのが上手。高卒1年目でここまでの動きは見たことがない」と感嘆する。羽月も「ダッシュでも全力に近く実戦を考えてやっていました」とうなずいた。


PAGE TOP