広島カープ・小園海斗選手が3月も1軍同行決定、緒方監督「見劣りしない」

小園海斗

広島カープのドラフト1位ルーキー・小園海斗選手が、3月も1軍に同行することが決定、緒方監督は「他と見劣りしない」と評価している。

山崎康晃投手からヒット

高校生ルーキーながらキャンプ開幕1軍入りし、キャンプを1軍で完走した。そしてオープン戦では先日の横浜DeNA戦で、昨年セーブ王の山崎康晃選手からレフトにヒットを放ち、守備も抜群の安定感を見せ続けている。

これについて緒方監督は「他と見劣りしない。まだまだ1軍で経験を積んでほしい。ある程度の時期までは1軍でと考えている」と話し、1軍選手と比較しても見劣りしないと絶賛、3月も1軍帯同を確定させた。

小園選手は、「1軍の舞台を1カ月経験できたことは感謝しかないです。打てないことの方が多かったけど、考えながらやれました。」と話した。そして「まだ満足はできていない。守備は今のところいい形も出せたし、このまま1軍でいけるように頑張りたいです」と話し、3月も1軍で結果を残して開幕1軍を目指すことを誓った。

ショートには田中広輔選手がおり、これまでの実績も含めてなかなかポジションを奪う事は難しい。しかし打撃で徐々にプロ1軍の投手にも対応をしてきており、オープン戦で結果を残せば、田中選手をサードに回すという事も徐々に考えなければいけなくなるかもしれない。

昨年のドラフト会議で4球団が1位指名をしたゴールデンルーキーが、1軍首脳陣を悩ませる存在になってきた。

広島東洋カープ、過去のドラフト指名一覧

3月以降も小園の1軍同行が正式に決定した。緒方監督が「他と見劣りしない。まだまだ1軍で経験を積んでほしい。ある程度の時期までは1軍で…と考えている」と明言した。


PAGE TOP