広島ドラフト3位ルーキーの中村健人選手が紅白戦でチーム初となるホームラン

広島カープルーキーニュース

広島のドラフト3位ルーキー・中村健人選手が、紅白戦でチーム初となるホームランを放った。

スポンサーリンク

右の長距離砲は今のチームに必要なところ

カープのキャンプで行われた紅白戦、ドラフト3位ルーキーの中村健人選手はノーアウト1塁の場面で打席に立つと、高橋昂也投手のカットボールを強振し、打球はレフトの芝生席に飛び込んだ。チーム初のホームランとなり、先制の2ランホームランだった。

中村選手は慶応大、トヨタ自動車で主軸として活躍し、チャンスにホームランを打てる職人的な活躍を見せる。今年は体が開かないようにすることをテーマに、ティー打撃などで磨いてきたが、この日も「入ってくるボールは外側にバットが入りやすい。その球に開いてしまったらファウルゾーンに飛んでしまう。ボールの内側という練習ができた結果」と話し、結果を出した一発となった。

佐々岡監督は「左のカットにうまく回った。右の長距離砲は今のチームに必要なところ。元気もよくて明るくて結果も出ている」と話す。カープの主軸として期待が膨らむ。

2022年キャンプ、ルーキー選手の1軍・2軍振り分け一覧
2021年のドラフト会議で指名されたルーキー選手の、キャンプの1軍・2軍の振り分け一覧です。
観衆が「おぉ!」広島ドラ3中村健人に本塁打が生まれたワケ 佐々岡監督絶賛、放物線への道のり - プロ野球 : 日刊スポーツ
積み重ねたスイングが放物線への道のりだった。広島ドラフト3位の中村健人外野手(24=トヨタ自動車)が11日、22年初実戦となる紅白戦で左翼へ2ランを放った。こ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

この一打に佐々岡真司監督(54)は「左(投手)のカットにうまく(体が)回った。右の長距離砲は今のチームに必要なところ。元気もよくて明るくて結果も出ている」と絶賛。中村健自身も「本塁打は魅力ある野球の醍醐味(だいごみ)。フェンスを越えて良かった」と満面の笑みを浮かべた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント