23歳の新人スカウト、オリックス・岡崎大輔氏がスカウトが北関東を担当する

2022年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

新人スカウトだったとしても30代後半から40代、50代ということも少なくないプロ野球のアマチュアスカウトだが、今年、オリックスのスカウトに加わった岡崎大輔氏はまだ23歳で、スカウトする選手たちと同年代か、それよりも若い。

スポンサーリンク

社会人世代と同学年

岡崎大輔氏は花咲徳栄時代に主将で3番ショートとして活躍し、2度の甲子園に出場をした。強打もある遊撃手として2016年のドラフト3位でオリックスに指名されたものの、昨年に5年間で現役生活に幕を閉じた。

その岡崎氏は、今年からオリックスのアマチュアスカウトとなる。高校卒6年目ということで、ドラフト候補の世代では、大学から社会人に進んだ世代と同学年で、東京ガスの益田武尚投手やENEOSの関根智輝投手などと同じ世代になる。

一足早くプロ野球の現役を卒業することになったが、23歳の新人スカウトとして、今年から北関東地区の高校、大学、社会人の選手を担当する。すでに高校時代にライバルだった浦和学院など、13チーム以上を訪問している。

岡崎スカウトは「スタメンで出て、日本ハムの大谷投手と対戦したことがあって、自分自身が育成の時代を経験したことも生かしていきたい。選手の特徴をつかみ、昨年までユニホームを着ていた感覚と合わせて考えるようにしていこうと思っています」と話す。牧田編成副部長も「新しい目で選手を発掘してほしい。1軍で戦おうとしてきた選手と近かった経験、真面目で、折り目正しくて明るい性格で、活発に動いてくれると思う」と期待をした。

北関東には、高校では花咲徳栄、前橋育英、作新学院、常総学院など、大学でも上武大や白鴎大など関甲新勢、そして社会人でもHondaや日立製作所、SUBARUのほか、茨城日産やエイジェックなどの新興チームも多く、非常に重要な役割を担うことになる。

ルーキー1年目の今年、まずスカウトとして1人目の選手をチームに加えたいところだ。スカウト就任のご祝儀ということはないが、おそらく牧田副部長などを筆頭にそれを後押しすることになりそうで、北関東から1人は指名がありそうだ。

2022年度-関東地区のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-関東のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-関甲新学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【球界ここだけの話(2593)】オリックスの次のドラフト戦略に注目
昨年、25年ぶりにパ・リーグを制したオリックスの次のドラフト戦略が注目される。現場の中嶋監督と福良GM、牧田編成部副部長らが練った戦略に沿って、スカウトが行脚し…

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント