東北楽天・辰己涼介選手が逆方向へホームラン

辰己涼介

東北楽天のドラフト1位ルーキー・辰己涼介選手が、プロ入り後の対外試合で初となるホームランを、逆方向のレフトスタンドに放り込んだ。

これがあるからドラフト1位

東北楽天は前日の試合で、ドラフト6位ルーキーの渡邊佳明選手が対外試合1号ホームランを放っていた。同じ大学卒でドラフト1位ルーキーの辰己涼介選手は対外試合でまだノーヒットで、「他人の事は全然気にしていないです」と話していたものの、平石監督に「結果、欲しいっス」と結果を求め、打席でも力の入り過ぎたスイングをしていた。

しかしこの日は、身体を振り回すのではなく、バットのヘッドを利かせるスイングを心掛けると、139キロのストレートを引き付けてレフト方向に上げ、打球はレフトスタンドに届いた。平石監督も「なかなか逆方向に放り込めない。大したもの」と話した。

辰己選手はレーザービームの強肩と抜群の俊足があるが、このパンチ力の魅力もある選手で、阪神の糸井選手のようになる素質を十分持っている。ただし、なかなか太りにくい体質で体重は75kg、このキャンプでは「体重を頑張って増やしてる。本当に食トレですよ」と話すように、食べる事でも戦っている。

今年1年間、起用をし続ければホームランは20本くらいは打てそうで、守備や足でもあっと驚くプレーを見せ、人気選手になっていくと思う。

東北楽天ゴールデンイーグルス、過去のドラフト指名一覧

結果を求め、強く振ることを意識しすぎた。体も開く。目指すスイングではなかった。2球目。139キロ直球を今度は引きつけて逆方向へとはじき返した。実戦9打席目でのプロ初安打。高い放物線を描いて左翼スタンドへと舞い降りた。
「1球目は大振りで、駄目なスイングだった。軌道修正できたのが本塁打につながった。練習通りに打てた」


PAGE TOP