東京ヤクルト・秋吉亮投手は5回4失点、北海道日本ハム・岡大海選手は嵐のような活躍

岡大海, 秋吉亮

 ルーキー、この日は東京ヤクルトのドラフト3位・秋吉亮投手が先発したものの、5回4失点で敗戦投手となった。また北海道日本ハムのドラフト3位・岡大海選手は2打数2安打を記録も後逸やオーバーランなど岡選手らしい嵐のような活躍だった。

 

初先発も2本被弾

 東京ヤクルトのドラフト3位・秋吉亮投手は、パナソニックのエースとして活躍したが、昨年の春の時期なども、好投した試合があれば、初回に失点を重ねる試合も見せていた。この日は良くないほうの秋吉投手で、初回に先頭の丸選手にホームランを打たれると、3番・松山選手にもホームランと、初回に2本塁打を被弾した。

 その後もランナーを背負うピッチングで4回に1点、5回に1点を失い5回7安打無四球5奪三振で4失点という内容でルーキー初黒星を喫した。ただし秋吉投手は負けた試合の次にはそれを取り戻すような好投を見せる投手でもある。次の試合に期待したい。

 

嵐のような活躍

 一方、北海道日本ハムのドラフト3位・岡大海選手は嵐を巻き起こす。この日は9番ライトで出場すると、5回には四球で出塁後にバントで2塁に進んだがその時、オーバーランしてしまう。しかし相手のタッチをかいくぐりセーフになった。また6回の守備では、ライトが目に入ったのか打球を後逸してしまった。

 しかし、7回にヒットエンドランを鮮やかに決めてチャンスを広げるバッティングを見せると、9回にも先頭バッターでヒットを放ち、2打数2安打を記録した。

 岡大海選手は本当に嵐を起こす選手だ。昨年の日米大学野球では大暴投を見せたり、死球でヘルメットを叩きつけてあわや乱闘騒ぎを引き起こしたりした。オープン戦でも打球や走塁で相手のエラーを誘って試合をかき乱した。

 この持っているものを前面に出して、思い切ったプレー続けて欲しい。そのうち新庄選手のようなスター性も出てくるのではないかと思う。

  ミスを取り返した。6回2死、中村の右中間への打球を照明が目に入り後逸(記録は三塁打)。メンドーサが今宮を投直に抑え、何とかピンチを切り抜けていた。直後の7回、無死一塁から今度は大野がバントを失敗。自らのミスと仲間のミスを帳消しにする、大きな一打だった。栗山監督も「みんなでカバーできてよかった」とたたえた。

 オープン戦での経験が生きている。実績もなく、いつ落とされてもおかしくない緊張感の中で、42打数16安打、打率3割8分1厘。「オープン戦では、打たないと上(1軍)でできないと思ってやっていた。開幕したからといって、緊張で体が動かないということはないです」。厳しい状況で結果を残してきたことが、自信につながっている。

 3回の第1打席はバントを決め、5回には四球で出塁。バントで送られた際には二塁をオーバーランし、アウトのタイミングだったが、スライディングを1度止めタッチをよける“神業”も見せた。プロ初のマルチ安打にも「まだ最初なので、これをどんどん続けていきたい」と話した大型ルーキー。日々成長を続ける22歳が、チームに無形の力をもたらしている。


PAGE TOP