かずさマジック、ホンダが早大、法大に勝利

吉永健太朗, 早大, 法大, 福島由登, 玉熊将一, Honda, 大竹耕太郎, かずさマジック, 加藤貴之, 井上彰吾, 鈴木貴也

 東京六大学の社会人との対抗戦、この日は早大が新日鐵住金かずさマジックと、法大がホンダと対戦した。共に社会人チームが勝利し、昨日も含めて社会人が4勝0敗と力を見せた。

加藤貴之投手好投、吉永健太朗投手は不安

 昨年の日本選手権優勝チーム、新日鐵住金かずさマジックは、ドラフト候補左腕・加藤貴之投手が先発すると、4回3安打1失点と好投を見せた。加藤投手は球速こそ130km/h台だが、腕の振りが見づらいフォームで空振りも奪える。昨年はリリーフだったが今年は先発に転向し、エースとして都市対抗優勝を狙う。プロ入りに向けて大いに期待したい左腕投手。

 一方、早稲田大は有原航平投手が登板せず、来年のドラフト候補・吉永健太朗投手が先発した。しかし、2回に2失点、3回はアウトも取れずに降板、2回0/3を投げて5安打4奪三振2四死球で自責点3と不安の残る内容だった。1年生の大活躍以来、調子を落としている。今年も調子が上がらずアメリカキャンプに帯同できなかった。3年生となり来年ドラフト会議の為にも今年は大切な年になる。

 早稲田大は、9回1アウトから1年生の大竹耕太郎投手が登板し、打者2人を抑えた。濟々黌高校で甲子園で登板しプロも注目した左腕投手。また、今年のドラフト上位候補・中村奨吾選手は1番セカンドで出場したが3打数ノーヒットに終わった。

 

ホンダは投手陣安定、

 ホンダはドラフト候補・福島由登投手が先発すると、6回を4安打8奪三振1失点と好投した。昨年の日本選手権で12奪三振完封を記録し、今年はプロ入りが期待される。仲尾次オスカル投手も1回を0安打2三振1四球とまずまずの投球を見せ、ホンダは投手陣が安定している。

 また打線でも3番の井上彰吾選手が2安打を記録した。181cmながら50m5秒台の足を持つ選手だけにプロも注目をしている。

 法政大は済美高校出身の鈴木貴也投手が先発し4回2安打2奪三振で無失点と好投した。今年のドラフト1位候補・石田健大投手は2番手で登板し最速は142km/hとまだ本調子ではないようだが、ノーヒット1三振で3人で抑えた。浅野文哉投手が4失点したものの、玉熊将一投手が1回1/3を1安打4奪三振と好投し、鈴木投手、玉熊投手の先発となりそうで、石田投手も調子が上がらなければ先発は厳しくなる。

 


PAGE TOP