北海道日本ハム・有原航平投手が149km/h、埼玉西武・高橋光成投手は152km/h!

埼玉西武ルーキーニュース 北海道日本ハムルーキーニュース

 北海道日本ハムのドラフト1位・有原航平投手が、イースタンリーグの試合に登板し、1回をノーヒットに抑え、昨年秋以来の実戦登板を果たした。また、埼玉西武のドラフト1位・高橋光成投手もイースタンリーグで先発し4回1失点、152km/hを記録した。

ドラフト1位が徐々に力見せる

 やはりドラフトの目玉になった投手は違う。北海道日本ハムの有原航平投手はこの日、2番手で登板すると、最速149km/hの力のある球で1回を10球で内野ゴロ2つ、外野フライ1つで無失点に抑えた。

 「好感触な球は無かった」と話したものの「自分が思っていたよりは早く投げられた」と昨年秋に右肘を痛めてからスロー調整をしていたルーキーも、プロでの実戦登板を果たして安心したようだ。

 5月位には満を持して1軍昇格と行きたい。

 また埼玉西武のドラフト1位ルーキー・高橋光成投手は、同じ試合で先発し、4回はけん制悪送球などでピンチを広げて併殺崩れの間に1点を失うも、最速152km/hのストレートで4回を自責点0の1失点に抑えた。

 「けん制は反省ですが、変化球でカウントも取れたし内容的に良かった」と話す高橋光成投手、高校NO1右腕の安楽智大投手、そして大学NO1投手の有原航平投手と共に、これから球界を引っ張る存在となりそうだ。

2014年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 4回に自らのけん制悪送球からピンチを広げ、併殺崩れの間に1点を失ったが直球は最速152キロをマーク。「けん制のミスは反省点ですが、変化球でカウントも取れたし、内容的には良かった」と満足顔で、「力をつけて早く1軍に上がりたい」と意気込んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント