北海道日本ハム、ルーキーだらけのリレーで巨人を完封

北海道日本ハムルーキーニュース

北海道日本ハムvs巨人のオープン戦で、北海道日本ハムはドラフト1位ルーキーの河野竜生投手、4位の鈴木健矢投手、5位の望月大希投手、育成ドラフト3位の長谷川凌汰投手、2位の立野和明投手とリレーし、最後は公文投手が締めて巨人を完封した。

河野投手4回1安打無失点

その中でもドラフト1位の河野竜生投手の投球がすごかった。174cmと体は大きくないものの、小さなテイクバックから腕の振りがしっかりとしており、球が非常に伸びてくるように見える。最速148キロを記録し威力も十分だった。そのストレートをどんどんストライクゾーンに投げ込み、バッターを次々と追い込み、その後は100キロ台にカーブなどを織り交ぜて翻弄し仕留めていく。

初回に坂本選手に2ベースヒットを許したものの、2回は2者連続三振、3回も三者凡退に抑えると、4回には坂本選手も打ち取った。この回に2つの四球を許して飛ばした分、疲労を見せていたが、「坂本さんへの2球目の空振りはベストの軌道だった」と手応えを掴んだ。4回1安打4奪三振無失点、ドラフト指名時から先発ローテーション入りは確実と見られていたが、大きく前進した。

ルーキーリレー

5回にはドラフト4位ルーキーの鈴木健矢投手が登板する。リーグ戦でも中継ぎが期待される投手で、この日は2アウトから炭谷選手にヒットを許したものの後続を抑え、1回1安打無失点。

6回はドラフト5位の望月大希投手が登板する。創価大のやや変則フォームからの強いストレートが武器の投手だが、この日は最初に坂本選手と対戦、「テレビの中の存在だったので意識しちゃいました」と話し、147キロのストレートで押し込んでセンターフライに打ち取った。その後は2連打を許したものの、気持ちが入ったとストレートで若林選手、モタ選手を外野フライに打ち取った。1回2安打無失点。

7回は育成ドラフト3位の長谷川凌汰投手が登板する。153キロの速球が持ち味で、「ストレートで差し込めたところもありました。」と1回をノーヒット、しかし「まだまだ課題があります」と先頭打者に四球を与えた事を反省した。併殺でピンチを抑え1回ノーヒット1四球無失点。

8回にはドラフト2位の立野和明投手が登板し、2つの四死球を与えたものの、岡本選手から三振を奪い後続を断った。登板時には「0で抑えないといけないプレッシャーがすごかった。なんで僕が最後なんだろうって」と話し、同期のルーキーが完封でつないできた事にプレッシャーを感じながらの投球だった。1回ノーヒット2四死球無失点。

最後は公文投手が締め、完封リレーを完成させた。またドラフト6位の捕手・梅林優貴選手も6回の守備から出場し、7回には巨人の俊足・増田大選手の二盗を刺した。「うれしかったです。代走で出てきたので、どこかで走ってくると思っていた」と話した。

昨年のドラフトで日本ハムは即戦力路線に切り替えた指名を行った。ルーキーで力を合わせて結果を残した事は、今後大きな自信につながりそうだ。

北海道日本ハムファイターズ、過去のドラフト指名
北海道日本ハムファイターズ公式ページ 北海道日本ハムファイターズ掲示板 北海道日本ハムファイターズのドラフト指名予想 北海道日本ハムの近年のドラフト指名 過去3年間:投手14名(...

日本ハム1位河野が巨人斬った「褒めはしない」監督 – プロ野球 : 日刊スポーツ
日本ハム4位鈴木健矢「緊張」本拠地0封デビュー – プロ野球 : 日刊スポーツ
日本ハム5位望月、巨人坂本との対戦「意識した」 – プロ野球 : 日刊スポーツ
日本ハムD1・河野、4回0封!無観客札幌ドームで新人5人と公文が完封リレー – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)
日本ハム立野「なんで僕が最後」新人無失点継投守る – プロ野球 : 日刊スポーツ
日本ハム6位梅林が二盗刺す「うれしかったです」 – プロ野球 : 日刊スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント