巨人ドラフト7位ルーキー・廖任磊投手が1回2奪三振、149キロデビュー

廖任磊

巨人vs北海道日本ハムのオープン戦では、巨人で唯一ルーキーで1軍にいる廖任磊投手が1軍で初となる登板をし、ベールを脱いだ。

モーションを変えたり工夫も

ドラフト時には201cmの大型投手として注目された廖投手、ドラフト7位の指名だったが、巨人の紅白戦や練習試合で150キロの球を投げてアピールし、1軍での登板の機会を掴む。そしてこの日はその登板で大きなアピールをした。

日本ハムの1番・西川選手をショートフライに抑えると、2番で同じルーキーの石井一成選手から空振り三振を奪った。そして3番・近藤選手にはインハイの146キロのストレートで見逃し三振、1回ノーヒット2奪三振、最速149キロの堂々のピッチングだった。

1イニングを思い切り投げ、常時145キロ前後を記録していた。それに加えクイック気味に投げてテンポを変えたり、スライダー、チェンジアップも織り交ぜた。尾花投手コーチは「ストライクが入って、空振りも取れた。クイックでも制球が良かった」と話すと、村田ヘッドコーチも「セットがいい投手はいい投手」と評価した。

廖投手はひとまず再び2軍に合流するという。しかし高橋監督は「チャンスをどこかではと思う」と話し、再び1軍に召集してチャンスを与える考えを示した。巨人のルーキーではこの日の廖投手が1軍最速デビューとなった。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧

村田ヘッドコーチは「セットポジションで良い投手は、良い投手やからな。四球がないのも良かったな」とたたえた。


PAGE TOP