日本生命出身、千葉ロッテ・井上晴哉選手がバックスクリーン弾、巨人・小林誠司選手も開幕1軍

井上晴哉, 小林誠司

 千葉ロッテの井上晴哉選手はこの日の東京ヤクルトとのオープン戦でバックスクリーンにホームランを記録した。また同じく日本生命出身の巨人ドラフト1位・小林誠司選手は原監督から開幕1軍を伝えられた。

 

開幕スタメンへ

 昨日は埼玉西武の岸投手を攻略した。この日は東京ヤクルトの石川投手の前に3打数ノーヒットに抑えらたが、7回の第4打席では八木投手からバックスクリーンにホームランを放った。打った瞬間に「しばらくなかった感触。これは行くんじゃないかという確信があった」と話した井上選手、練習試合ではホームランを放っていたが、オープン戦では第1号となった。

しかしこの1号は大きい。開幕直前で4番も任せようかという選手に待望の1発が出て、監督も安心して4番として送り出すことができる。打率も.405を確実性の高い4番打者が千葉ロッテに誕生する事になる。

 また巨人の小林誠司選手はこの日、スタメン捕手として菅野智之投手とバッテリーを組むと、打撃では大谷翔平選手のストレートをはじき返すなど3安打を記録した。開幕投手を務める菅野智之投手とバッテリーを組ませた事もあり、阿部選手を一塁にして開幕スタメンマスクの可能性もある。

 この日は菅野投手が3回4安打3失点と、「智之の良さを出せなかった」と反省したものの、肩では6回、7回に盗塁を刺し、オープン戦では9回の盗塁敢行に対し5回刺殺した。あとは経験を積んでリードを磨けば、巨人の次世代の捕手として長い間任せられる捕手になれる。

 

日本生命出身

 ドラフト1位で小林誠司選手と柿田裕太投手、他にも井上晴哉選手に吉原正平投手と4人がドラフト会議で指名された日本生命、昨年最も注目されたチームとなった。そしてその選手が1年目から4番や捕手としてチームの核となっていく。すばらしい事だ。

 1回のドラフトで3人、4人指名されるチームが毎年ある。2010年のドラフト会議では早稲田大から斎藤佑樹投手、大石達也投手、福井優也投手の3人が1位指名されて話題となった。3人がまだプロで成功したとはいえないが、お互いを意識しながら切磋琢磨している。日本生命の4人もプロでお互いを意識する存在となるだろう。

 そして、昨年のドラフトで指名されなかった小田裕也選手など、日本生命の選手にとっても近い目標が出来た。昨年の明治神宮大会でホームランを放つなど注目された上西主起選手や、慶大で1年時に150km/hを投げた山形晃平投手などが日本生命に入部する。またどんな選手が出てくるのか、名門・日本生命に注目したい。

 

 「しばらくなかった感触。これは行くんじゃないかという確信があった」。若き巨漢主砲の表情は満足感にあふれていた。

 初回の第1打席。空振り三振に終わったものの、左翼席のロッテファンから「開幕4番だ!井上!」のコールが湧き起こった。4番として期待されていた今江が、左ふくらはぎ筋膜炎で2軍調整を続けており、伊東監督も「今江は(開幕1軍は)多分、無理かもしれない」と説明。ロッテの新人では、64年ぶりとなる開幕戦4番がいよいよ現実味を帯びてきた。

 ムチムチの体を弾ませながらダイヤモンドを回った。井上は人なつこい笑みを浮かべ、会心の一撃を喜んだ。「キャラが先行していたけど、野球で持ち味を出せました」。7回無死一塁からオープン戦1号2ラン。八木の高め直球を強引に叩き、神宮のバックスクリーンへ放り込んだ。

 まずは打撃。3回先頭で大谷の投じた148キロ速球を中前へ運んだ。「伸びのある速球に負けないようにと思った」。3点を追う8回も先頭で左前打し、この回2点を返す口火となった。9回の中前打で、プロ初の1試合3安打。打率・318まで上げたが「打つことよりも守りをしっかりしたかった。(3回3失点の菅野)智之の良さを出せなかった」と足元をしっかりと見つめた。

 守備では6回は大引、7回は岡の二塁盗塁を刺した。これでオープン戦は9回中5度阻止。盗塁阻止率は・556だ。「スタートも見えたし、落ち着いてストライクを投げることを意識した」と小林。特長の肩の強さだけでなく、視野を広さと落ち着きがある。


PAGE TOP