プロ野球が開幕して6戦目となったこの日、セパ6試合中4試合で4人のルーキーが先発をした。その中で巨人のドラフト1位・高橋優貴投手がプロ初登板初勝利を手にした。

藤原恭大

千葉ロッテは高校卒のドラフト1位ルーキー・藤原恭大選手が、開幕スタメンの1番センターでコールされた。

藤原恭大

昨年のドラフト会議で3球団から1位指名を受け、千葉ロッテに入団した藤原恭大選手が、この日のオープン戦で1番センターで出場し、2安打1盗塁に好守備を見せて、開幕1軍を確実とした。

小島和哉

千葉ロッテのドラフト3位ルーキー・小島和哉投手が、台湾ラミゴとの交流戦で地元・ZOZOマリンで初先発をし、4回2安打5奪三振1失点の投球を見せた。

福田俊, 万波中正, 藤原恭大, 野村佑希, 田宮裕涼, 海老原一佳, 山野辺翔

3月3日のオープン戦では北海道日本ハムはルーキー5人をお披露目した。また、その他の試合でもルーキーの活躍が注目された。

オリックスのドラフト2位ルーキー・頓宮裕真選手が、東北楽天との練習試合でバットを折りながらホームランを放った。オープン戦でも各球団のルーキーが活躍を見せている。

2月1日にキャンプインしてから1か月がたち、開幕まであと1か月となった。開幕1軍を手にするルーキーは?千葉ロッテのルーキーの2月の採点です。

藤原恭大

千葉ロッテは埼玉西武と練習試合を行い、ドラフト1位ルーキーの藤原恭大選手が強肩と頭脳プレーを見せた。

藤原恭大

中日と千葉ロッテの練習試合、キャンプ前の故障が無ければ、根尾昂vs藤原恭大の対戦が注目されていたカードだったが、千葉ロッテのドラフト1位・藤原選手が3安打を打って根尾選手の分も活躍をした。

小島和哉

千葉ロッテのドラフト3位ルーキー・小島和哉投手が初の打撃投手に登板し、左の安田選手を封じるなど力を見せた。他球団が警戒をしている。

スポンサーリンク
PAGE TOP