千葉ロッテ・吉田裕太選手、阪神・梅野隆太郎選手が初安打、いよいよ大瀬良大地、松井裕樹が登板へ

梅野隆太郎, 吉田裕太

 ルーキーの活躍、この日は千葉ロッテのドラフト2位・吉田裕太捕手がスタメンでマスクを被り、初ヒットを記録した。また阪神の梅野隆太郎捕手も代打で出場し初ヒットを記録した。

 

野手では3人目

 東京ヤクルトのドラフト2位・西浦直亨選手が開幕戦の初打席でホームランを放ったが、その後は広島・田中広輔選手や、巨人・小林誠司選手、そして開幕4番で出場した井上晴哉選手にヒットは出なかった。

 この日、千葉ロッテはドラフト1位の石川歩投手が先発し、5回を5回2/3を8安打ながらも2失点に抑える好投を見せたが勝利する事はできなかった。しかしスタメンマスクを被った吉田裕太選手は初ヒットを放った。阪神もドラフト4位の梅野隆太郎選手が代打で初ヒットを記録した。

 東北楽天のドラフト5位・西宮悠介投手がリリーフで1軍初登板を記録している。北海道日本ハムの岡大海選手は9番ライトでスタメン出場している。大学でも外野手としてはあまり出場しなかっただけに、急成長をしたと言える。

 オリックスの東明大貴投手は開幕戦でサヨナラヒットを浴びたが、この日は先発の井川投手が1回持たずに降板し2番手で登板した。2回1/3を投げて4安打3失点とまた結果を残せなかったが、開幕戦はピンチで登板して、この日は先発が1回持たずに降板という過酷な状況での登板が続いている。ルーキーには厳しい。

 明日からのカードでは広島のドラフト1位・大瀬良大地投手や、東北楽天のドラフト1位・松井裕樹投手の登板が見られそうで大きな期待がかかる。


PAGE TOP