第86回選抜高校野球大会、準決勝の対戦カードと注目選手

高校野球ドラフトニュース

第86回選抜高校野球大会は、準決勝となりました。ここまで一人で投げ抜いてきた豊川・田中投手と佐野日大・田嶋投手、継投で勝ってきた履正社と龍谷大平安、4チームとも守備もすばらしく総合力の高いチームです。

 

 準決勝第1試合

豊川(愛知) 履正社(大阪)
内藤嶺
3年 外野手
174cm
65kg
右左
50m5.9秒の足に秋は打率.586、主将B 永谷暢章
2年 投手
184cm
80kg
右右
まだ安定感欠けるが147km/h速球魅力A
田中空良
3年 投手
176cm
74kg
右左
初戦で145km/h記録、ぶれないフォームにプロスカウト注目B 本城円
2年 投手
187cm
77kg
左左
143km/h投げる隠し玉の大型投手、期待したいA
     溝田悠人
2年 投手
172cm
68kg
右右
U15代表、伸びるストレート B

 
準決勝第2試合

龍谷大平安(京都) 佐野日大(栃木)
高橋奎二
2年 投手
176cm
62kg
左左
エースとして活躍、試合の流れ変える力 B 田嶋大樹
3年 投手
180cm
70kg
左左
柔軟にフォームを変える145km/hの速球派左腕A
徳本健太朗
3年 外野手
177cm
78kg
右左
俊足トップバッターでプロスカウトが足でやっていける選手と評価B 稲葉恒成
3年 投手
183cm
71kg
右右
県大会で5回完全試合も準決で4失点C
      吉田叡生
3年 外野手
172cm
72kg
右左
セカンドで主将、小柄ながらパワーある打撃B

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント