千葉ロッテのドラフト3位・岩下大輝投手が好評価、夏くらいに1軍も

岩下大輝

 千葉ロッテのドラフト3位ルーキー、星稜高校出身の岩下大輝投手のピッチングに、視察した伊東監督や小谷コーチが高い評価をしている。

伊東監督が高い期待

 岩下大輝投手は2軍キャンプに参加し、初日からブルペンに入ると、この日も捕手を立たせて40球、座らせて20球を投げた。そしてこの日、2軍キャンプを視察していた伊東監督が岩下投手の投球に注目、「高校生にしては精度の高い投球だった。体つきも、バランスもいい。マウンド度胸も良さそうだね」と評価をした。

 伊東監督はそのまま小谷2軍コーチと話し、「夏くらいに出てきて欲しいと話した」と、今年の戦力として期待していることを明かした。

 14日、15日には1.2軍合同の紅白戦が行われるが、そこで登板する可能性があるという。結果を出せば首脳陣も開幕を意識し始めるかもしれない。

 

高校生ルーキー

 岩下投手は181cm80kgとがっしりとした体があり、投げては146km/hを記録、打っても高校通算では7本だが、パンチ力があり痛烈なライナーを放ち野手としても評価されていた。

 力のある球で圧巻のピッチングを見せる時もあれば、コントロールができずに失点を重ねるなど粗い面もあり、昨年夏の石川大会決勝では3回まで6失点をして降板している。しかし0-8となった9回に再びマウンドに上ると三者連続三振を記録、そして裏には2ランホームランを放つなど8点差の逆転甲子園出場に大きく貢献した。

 甲子園では1回戦で強打の静岡高校を7安打4失点に抑えて5-4で勝利、2回戦の鹿屋中央戦では6回3安打7奪三振でレフトに下がるも、9回にも再び登板し打者2人を抑えた。3回戦の八戸学院光星戦も9回まで1失点と粘りを見せるが、延長となった10回に力尽き4失点、1-5で敗れた。

 「2日連続でブルペンに入りましたが、入れるだけ入りたい。自分の(投球の)形をつくることを意識して投げている」と岩下。昨夏の石川大会決勝で小松大谷を相手に9回に8点差を逆転した「ミラクル星稜」のエースだ。最速146キロを誇る18歳。小谷2軍投手コーチと話し込んだ伊東監督は「小谷さんと夏くらいから出てきてほしいと話したんだ」と先発候補として期待を寄せた。あの夏から1年後。先発陣が苦しくなる夏場に救世主になるかもしれない。


PAGE TOP