千葉ロッテのドラフト2位・田中英祐投手もイースタンで初勝利

千葉ロッテルーキーニュース

 千葉ロッテのドラフト2位で、京都大出身の田中英祐投手も、この日のイースタンリーグ・横浜DeNA戦で公式戦初登板すると、7回を2安打6奪三振で無失点に抑える好投を見せた。

最速147km/h

 キャンプやオープン戦では予想通り注目された。開幕1軍に向けて140km/h後半の勢いのある球を投げて奮闘は見せたものの、まだ体の戦の細さやフォームのばらつきがあり2軍に降格していた。

 そして迎えたこの日のプロ初の公式戦登板で、田中投手は最速147km/hを記録、7回2安打6奪三振無失点と完璧な内容でデビューを飾った。

 千葉ロッテの落合1軍投手コーチも「ゴールデンウイークは連戦がある。名前が挙がることを期待している」と話し、好投が続けば5月にも1軍でのデビューが見られるかもしれない。

2014年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 公式戦初登板ながら「力みなく腕がスムーズに振れた」と7回2安打無失点で6奪三振。球速もプロ入り後最速タイの147キロを計測し「練習でやってきたことをそのまま出せた」と満足げ。今後の課題に決め球の制球力を挙げた秀才右腕は「しっかり力をつけて1軍で投げられるようにしたい」と力を込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント