埼玉西武、今年もドラフト1位は高橋投手か

高校野球ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 埼玉西武は球団幹部がスカウト陣から意見を聞き、県岐阜商の高橋純平投手をドラフト最上位候補に入れた事が分かった。

渡辺SD、鈴木球団本部長が絶賛

 埼玉西武は高橋純平投手が登板した県岐阜商vs松商学園の試合を、渡辺SDと鈴木球団本部長が視察、渡辺SDが「今大会で群を抜いている」と評価した。

 そして一緒に視察した鈴木球団本部長も、視察後にスカウト陣より評価を聞き「ピンチでギアを上げるピッチングができる投手」としてドラフトの最上位リストに加えたとのこと。

 

柔軟な1位指名で

 埼玉西武はドラフト1位指名は、2013年は単独で森友哉選手を、2014年も単独で高橋光成投手を指名し、森選手は1年目から1軍で活躍を見せると、高橋光成投手もファームで153km/hの速球で圧巻のピッチングを見せている。

 しかし、2009年には6球団が指名重複した菊池雄星投手に、2010年にも同じく6球団が指名重複大石達也投手を指名した。結果的に抽選で獲得でき、その後の活躍は置いておいたとして、ただ競合を避けるという姿勢でドラフトに臨まないのが西武のスタイル。

 今年も高橋純平投手の指名となると、高橋光成投手とかなり似たタイプの右腕を2年連続で指名する事になる。先発で不足してきた左腕ということで、駒大・今永昇太投手や明大・上原健太投手をこれから視察し、その判断という事になりそうだが、右腕ならば高橋純平投手が最有力という事になりそうだ。

埼玉西武ライオンズ、過去のドラフト指名一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-高校生投手のドラフト候補リスト

2015年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

 西武が今秋ドラフト1位候補として県岐阜商・高橋純平投手(3年)をリストアップしていることが30日、分かった。球団幹部は「勝負所でまたひとつギアが上がる」と絶賛。スカウト陣と話し合いの場を持ち、最上位リストに名前を入れた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント