千葉ロッテ、ドラフト1位ルーキー・藤原選手が3安打、他球団「高校生レベルではない」

藤原恭大

中日と千葉ロッテの練習試合、キャンプ前の故障が無ければ、根尾昂vs藤原恭大の対戦が注目されていたカードだったが、千葉ロッテのドラフト1位・藤原選手が3安打を打って根尾選手の分も活躍をした。

藤原選手3安打

藤原恭大選手はこの日まで、実戦ではノーヒットが続いていた。この日も第1打席は三振に倒れたが、その際に井上選手より、「足を挙げるタイミングがちょっと遅い」とアドバイスを受けた。

すると、第2打席に一二塁間を抜けるヒットを記録、第3打席はランナー1,2塁の場面で、追い込まれてからの球を投手の足元にはじき返してタイムリーヒットを記録した。第3打席にはタイムリー2ベースヒットで一気に3安打、この活躍に井口監督も「タイムリーに価値がある。そういう星の下に生まれた選手。日々の成長が刺激を与えている」と話した。

アドバイスを受けてすぐ次の打席で修正し結果に繋げた。視察した西武の亀井チーフスコアラーは「真っすぐを待って変化球に反応するセンスがある。1,3番で秋山のようになるのでは」と、球界を代表する安打製造機・秋山選手に例えた。またオリックスの曽我部スコアラーは「変化球で追い込まれて真っすぐを打った。高校生レベルではできないこと」と話した。

高校時のように、また思い切ったスイングは出来ていなかったと思うが、プロのレベルの投手にも、ストレートと変化球についていくことができたのは非常に大きい。これから、経験の中で狙い球を絞ってフルスイングができるようになれば、長打力も見えてくるだろう。

今度はスピードでもアピールしたい。内野安打や盗塁、またはセンターでの守備に注目したい。

千葉ロッテマリーンズ、過去のドラフト指名一覧

一回の空振り三振時に井上から「足を上げるタイミングがちょっと遅い」と言われ、「若干、気持ち早く足を上げた。一瞬ですが全然変わってくる」。修正能力は抜群。これが三回の初安打となり、四回2死一、二塁での中前への初適時打へとつながった。


PAGE TOP