阪神、ドラフト1位・近本選手が楽天ドラフト1位・辰己選手の前で2安打

辰己涼介, 近本光司

阪神のドラフト1位ルーキー・近本光司選手はこの日、東北楽天との練習試合で9番センターで出場すると、3ベースヒットなど2安打の活躍を見せた。東北楽天のドラフト1位ルーキー・辰己涼介選手は6番ライトでフル出場したが4打数ノーヒットだった。

ドラフト対決

昨年のドラフト会議で、藤原恭大選手をの抽選を外した東北楽天と阪神は、辰己涼介選手を指名した。巨人、ソフトバンクも指名して4球団が競合する中で辰己選手は東北楽天が獲得、抽選を外した阪神は近本光司選手を1位で指名している。

その近本選手と辰己選手がこの日、練習試合で初対戦となった。9番センターで出場した地価かもと選手はこの日、3ベースヒットを含む3打数2安打1打点の活躍、特にスリーベースヒットではヤクルトのスコアラーが「カットに入った時にはもうサードに到達していた。」と話し、スピードに驚きを見せていた。

一方、辰己選手は6番ライトで出場したものの4打数ノーヒットに終わった。2回の第1打席で、阪神・望月投手の144キロのストレートを捉え「いったと思ったんですけどね。ここでした」と話し、ややバットの先でライトフライに終わったことを悔しがった。この日は初球から付イングをして行ったが、変化球にも、そして高めに浮いた球にも空振りをしていた。「まだストライクゾーンになじめていない」と話すものの、「まあ、言い訳ですよ。」と反省を口にした。

辰己選手は長打力もある選手だが、抜群の足の速さもある。大学では3年時までは能力と打撃の力でヒットを打っていたが、4年生になるとリーグ最多安打記録のプレッシャーがかかる中で、内野安打など足でヒットを増やす事もできた。プロでどんなスタイルになっていくのか楽しみな選手だ。

一方、阪神の近本選手は大学時代は足など能力に注目され、社会人でその素質が開花し、足を中心に広角に外野手の頭を越える打球も見られるようになった。こちらは即戦力で間違いなさそうで、この日の試合を視察した他球団のスコアラーからも以下の声が上がっている。

横浜DeNA・東野スコアラー:「実戦タイプなんでしょう。1,2打席目は引っ張って、そして左中間にも打てる。見方が変わってきました」

巨人・田中スコアラー:「初めて対戦した投手を捉えられるのは実戦向き。走るだけでなく、低めの球を広角に打てるのが素晴らしい」

ヤクルト・山口スコアラー:「外の球をしっかりヘッドをきかせて逆方向に打っていた。やっぱり足が速いね。カットに入った時にはもうサードに到達していた。さすがドラ1。即戦力ですね」

中日・井本スコアラー:「センター方向を中心にしながら逆方向へうまく打ち返せる。バットコントロールもいいものを持ってる」

広島・田中スコアラー:「いいものを見ることができた。大変素晴らしい。足があるのは、広い甲子園でも武器になると思います」

オリックス・山本スコアラー:「体形、背番号を見ていると平野とすごく重なる。レギュラーを争える選手」

千葉ロッテ・藤原、東北楽天・辰己、阪神・近本、昨年のドラフト会議を彩った高校、大学、社会人代表の外野手は、ドラフトの指名順では藤原選手が1回目の入札、辰己選手が2回目、近本選手が3回目となった。この因縁は今後、長い間、プロ野球での対戦で続いていくだろう。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧

「実戦タイプなんでしょう。左中間にも打てる。見方が変わってきました」とはDeNAの東野スコアラー。巨人・田中スコアラーも「初めて対戦した投手を捉えられるのは実戦向き。低めの球を広角に打てるのが素晴らしい」とうなった。
3月29日の開幕戦(京セラ)の相手、ヤクルトの山口スコアラーは「外の球をしっかりヘッドをきかせて逆方向に打っていた。やっぱり足が速いね。(内野手が)カットに入った時にはもうサードに到達していた。さすがドラ1。即戦力ですね」と賛辞をおくった。


PAGE TOP