プロ野球オープン戦本格化、阪神ドラ1ルーキー・近本選手が2安打1盗塁、木浪選手も9戦連続安打

近本光司, 木浪聖也

プロ野球はオープン戦が本格化し、昨日は5試合が行われた。阪神は福岡ソフトバンクに完封されたが、注目のルーキー2人は目覚ましい活躍を見せた。

甲斐キャノンから盗塁成功

阪神のドラフト1位ルーキー・近本光司選手はこの日、9番センターでスタメン出場をすると、3回に千賀投手のフォークボールをライト前に運んで出塁した。するとスタンドからは「走れ、走れ、近本」の応援が起こる。そしてその初球、果敢に盗塁を仕掛けると、昨年の日本シリーズMVPを獲得した甲斐捕手からセカンドを奪った。「決めていました。初球に走ることが、捕手としても投手にしてもプレッシャーがかかると思うので」と話し、初球からいくことを決めていたといい、見事の成功をした。

昨年の日本シリーズで広島の選手たちがことごとく盗塁を阻止されていた。その甲斐捕手から走ることをキャンプ中から計画し、それを成功させた。千賀投手からヒットを打ったこと、そしてこの盗塁成功は近本選手にとって大きな自信となるのは間違いない。

乗った近本選手は8回にもレフト前にヒットを打ち3打数2安打1盗塁、素晴らしい活躍だった。オープン戦をこの調子でいけば、1番センターを任されそうだ。

9戦連続安打

また阪神は、ドラフト3位ルーキーの木浪聖也選手が試合途中から鳥谷選手に代わってショートに入ると、8回1アウト、ファーストに近本選手をランナーに置いた場面で、近本選手がスタートを切ったことを確認すると、真ん中に来たスライダーをライト前にはじき返し、ラン&ヒットを成功させた。

これで木浪選手は実戦で9試合連続ヒットを記録、打率も.500となっている。矢野監督も「よう打つねえ、見事やね。木浪もどこでどう使うかというのが。もっと打たせたいなというのはもちろんある。ああいう結果を見せられるとね。」と話し、起用法に頭を痛めるようになってきた。

この日はショートに鳥谷選手、セカンドに糸原選手がスタメン、そしてセカンドは上本選手が途中から入り、ショートに木浪選手が入った。他にもポジション争いをする選手はいるが、現時点ではこの4人がセカンド・ショートの候補となる。鳥谷選手の打撃が3月後半には上がってくるかもしれないが、それが間に合わないと判断された時、木浪選手が開幕スタメンショートという可能性も十分ある。

この日、阪神は0-1で完封負け、チームのヒットは6本でそのうち半分をルーキーの二人が打った。矢野監督の新チームをまずはルーキーが引っ張っている。

阪神タイガース、過去のドラフト指名一覧
2019年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
2019年度-社会人外野手のドラフト候補リスト

「決めていました。初球に走ることが、捕手としても投手にしてもプレッシャーがかかると思うので」。高くそびえ立つ甲斐に対しても臆することなく攻めた。鳥谷の初球に迷わずスタート。送球が遊撃寄りにそれたのもあったが、二盗を決めた。
結果がどうなろうと、何としても甲斐から走りたかった。昨年の日本シリーズで目にしてから、春季キャンプ中も“甲斐キャノン”を突破する方法を模索してきた。広島の田中広らが刺されたシーンなどを何度も見返した。

勝負強い。連続試合安打を伸ばすチャンスは1打席しかなかったのだから。守備から途中出場で迎えた八回1死一塁、カウント1-0。同じくルーキーの一塁走者・近本がスタートを切る。盗塁狙い。真ん中付近のスライダーに、瞬時の判断で木浪のバットが反応した。打球は右前へ転がる。結果的にはラン&ヒットが大成功だ。

 


PAGE TOP