アジア選手権日本代表、東明大貴投手、浦野博司投手、吉田一将投手が登板し、阪神、横浜DeNA、中日、東北楽天、埼玉西武の5球団が視察

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 侍ジャパン 横浜DeNAドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 アジア選手権の日本代表チーム合宿で、JX-ENEOSとの練習試合が行われ、ドラフト候補が続々登場した。

 日本代表の先発は富士重工でドラフト1位候補の東明大貴投手、最速146km/hの速球を記録しカーブ、スライダー、フォークを投げJX-ENEOS打線を4回2安打無失点に抑えたものの、東明投手は「浦野や吉田のレベルに達していない。唯一良かったのは強気な姿勢で投げられた事」と話した。

 セガサミーの浦野博司投手は7回から登板すると7回は3者凡退に抑えたものの8回にヒットと四球でノーアウト、1,2塁のピンチを作り、タイムリーヒット2本で2失点した。JR東日本の吉田一将投手が9回に登板するとエラーでランナーを許したものの3人をフライで斬って取り危なげないピッチングを見せた。

 この試合には阪神、横浜DeNA、中日、東北楽天、埼玉西武の5球団が視察しているが、やはり吉田一将投手は安定感があり各球団がドラフト1位候補に挙げる力がある。東明投手もコントロールミスがあるものの球威がありドラフト上位候補は間違いない。浦野投手は二人に比べると球威が落ちる印象だった。

 また打者では井上晴哉選手、山川穂高選手が痛烈な打球を放っていた。2番を打った田中広輔選手は犠打や四球を選ぶなどチームに貢献していた。今シーズンは活躍という活躍は見せられずプロ入りを決断するかわからないが、楽しみな選手なのは間違いない。

 一方JX-ENEOSでは先発した三上朋也投手がスリークォーターから140km/h中盤と思われる速球を投げており、4回まで1安打3奪三振とほぼ完璧なピッチングを見せた。5回に井上晴哉選手の強烈な打球を足に受けて降板したが、ドラフト候補の揃う打線を相手に見事な投球を見せた。

 法大時代に190cmの大型投手として注目され、JX-ENEOSでも1年目から登板していたが、伸び悩みを感じて腕を下げるなどいろいろと模索する日々が続いていた。ようやく自分の形ができてきたというところだろう。今年のドラフト候補ではあるが、プロ志望をするだろうか。まだチームに恩返しができていないと残留するかもしれないが、今の投球を来年も続けられれば、十亀剣投手のようにプロでも活躍できる投手となりそうだ。

ドラ1候補、富士重工・東明が4回0封  - ニッカンスポーツ・コム:2013/9/29

 ドラフト1位候補の富士重工・東明(とうめい)大貴投手(24=桐蔭横浜大)が、ライバルに負けじと猛アピールだ。第6回東アジア競技大会(中国・天津)に向けた日本代表合宿2日目が28日、川崎市内で行われた。JX-ENEOSとの練習試合に先発した東明は5球団のスカウトの前で4回無失点と好投した。同じくドラフト1位候補のセガサミー・浦野博司投手(24=愛知学院大)、JR東日本・吉田一将投手(24=日大)も登板。試合は5-2で勝利した。

 東明は降板後、真剣な表情で試合を見つめていた。同じドラフト1位候補の浦野が3番手、吉田が4番手で投げた。投球を見て「吉田や浦野のレベルに達していない」と言った。2安打に抑え、予定通り4回までのマウンドを無失点で終えたが、納得いかないような様子だった。

 この日の最速は自己最速に4キロ及ばない146キロだった。阪神、DeNA、中日、楽天、西武の5球団のスカウトが見守る中、カーブ、スライダー、フォークを低めに集めた。「唯一よかったのは強気な姿勢で投げられたことだと思います」と振り返った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント