高木伴投手は147km/h記録し1回無失点、東芝・佐藤翔太投手、JX-ENEOS・大塚椋司投手も好投

JX-ENEOS, NTT東日本, 東芝, 佐藤翔太, 高木伴, 大塚椋司

 スポニチ大会で最も注目されていたNTT東日本・高木伴投手は、この日リリーフで登板し1回を無失点、147km/hを記録した。また今年のスポニチ大会は、期待されながら伸び悩んでいた投手が復活の登板を見せている。

 

大会NO1投手は147km/hで意地を見せる

 今大会、そして今年の社会人で最も注目されたのはNTT東日本・高木伴投手だった。その高木投手は11球団が視察した初戦で先発するも3回2/3で3失点してしまう。この日は8回から登板すると最速147km/hを記録、ノーヒットで1三振1四球に抑えて1イニングを無失点に抑えた。

 高木投手は「真っすぐで押しました。まだ高いですが」とフォームがジャストフィットした感じではなかったようだが、それでも球威で押さえ込んだ。これから春、そして都市対抗予選、都市対抗と高木投手の長くて短いドラフト会議への道が続いていく。

 

伸び悩んだ選手復活

 今大会は、昨日の日本新薬・中村駿介選手投手に続き、大学、社会人で伸び悩んでいた投手の復活が見られる。東芝の佐藤翔太投手はこの日、社会人2年目で公式戦初先発すると、セガサミーを5安打完封で勝利した。毎回ランナーを背負うピッチングになったようだが、初戦もリリーフで登板して無失点に抑えており、いいきっかけになりそうだ。

 佐藤投手は東洋大姫路時代に146km/hの速球を投げ、ドラフト上位候補にも名前が挙がっていた投手。東洋大に進んでエース候補として期待されたものの、その素質を見せられずにチームは2部に降格してしまう。社会人でも昨年は先発は無かった。今年は再びドラフト解禁となる。

 また、JX-ENEOSの大塚椋司投手もこの日、JR九州を相手に9回5安打1失点8奪三振の力投を見せた。大塚投手は聖望学園の時に140km/h中盤のストレートを投げて、センバツ大会では決勝まで勝ちあがり、東浜巨投手の沖縄尚学と対戦して敗れたものの快進撃を見せた。しかしその後フォームを崩し夏は埼玉大会で敗退すると、プロへは進まずにJX-ENEOSに進んだ。JX-ENEOSでは最速151km/hを記録したりと、時折すごい球を投げていたのだが、都市対抗を2連覇するなど王者JX-ENEOSの中にありながら、6年目となる今年まで目立った実績は残せていない。

 しかしこの大会では初戦で好投を見せ、この日も131球を投げての完投に期待は膨らむ。同学年の選手では、東京ヤクルトの小川泰弘投手や東北楽天の則本昂大投手などがいる。東浜巨投手と世代のトップを争そった投手として、同じ舞台に立てるような活躍を見せて欲しい。

 

東芝 公式戦初先発の佐藤が5安打完封 - スポーツニッポン:2014/3/13

 6、8回以外、毎回走者を背負ったが「要所で低めに出し入れができた」と4回1死二、三塁も後続を断ち、無失点で切り抜けた。指揮官は「いいきっかけにしてほしい。次、投げる時が本当の勝負」と飛躍を期待した。

 完封目前に自らの暴投で失点し「ああいうところで失点するのは自分の甘さです」と反省。それでも、131球の力投で8三振を奪い「ここまで投げられたことは自信になる」と話した。決勝トーナメント進出は逃したが、大久保秀昭監督は「大塚はうれしい誤算だね」と収穫を口にした。

侍147km/hも敗退 - ニッカンスポーツ紙面:2014/3/13

 


PAGE TOP