初芝監督のセガサミーが決勝トーナメント進出、JR九州も勝利で進出王手

セガサミー, JR九州, 井上翔夢, 喜多亮太, 浦塚翔太, 大沼毅

 社会人野球九州大会は元千葉ロッテの初芝監督率いるセガサミーが3連勝で決勝トーナメント進出を決めた。JR九州は2年目の大沼毅投手の好投などで6-0で勝利した。

継投で進出

 セガサミーは上武大出身の185cm右腕・松永大介投手、日本文理大で149km/hを投げて注目された1年目の浦塚翔太投手、同じく日本文理大出身のルーキーで185cmの大型右腕・前原侑宜投手、国学院大出身の左腕・山崎福之投手などが継投し、そして最後はベテランの上津原投手が締めて5-2で勝利した。

 セガサミーは昨年エースだった浦野博司投手が北海道日本ハムのドラフト2位で指名されてプロ入りしたが、1年目の横田哲投手が初戦で完封し、ホンダ熊本戦では木村佳吾投手が先発して勝利、この日は継投で勝利と、初芝監督が手腕を見せて3連勝で決勝トーナメントに進出した。

 またこの試合では昨年に敦賀気比でセンバツ大会で活躍しプロも注目していた喜多亮太選手が9番DHで出場すると、2回に2点タイムリーヒットを放ち勝利打点を挙げている。まだマスクはかぶっていないが2年後のドラフトが楽しみな選手になりそうだ。

 

JR九州も快勝

 JR九州もこの日は2年目の大沼毅投手が先発して好投すると、井上翔夢投手がリリーフして大卒2年目投手で無失点リレーした。打っては10年目のベテラン・藤島琢哉選手が4打数4安打、2ベース2本、3ベース1本の大活躍を見せた。

 大沼毅投手は中部学院大出身の183cmの大型投手でスリークォーターから切れの良いストレートを投げる。井上投手は179cmの左腕で西日本工業大時代にもプロから注目されていた。二人とも今年ドラフト解禁の投手となる。

 


PAGE TOP