日本製紙石巻・佐々木拓也投手、新日鐵住金鹿島・山井佑太投手等が好投

JR東日本東北, 日本製紙石巻, 山井佑太, 新日鐵住金鹿島, 佐々木拓也, 加藤正志

 社会人野球東北大会では日本製紙石巻の4年目の右腕・佐々木拓也投手がHonda鈴鹿を完封し、今季スポニチ大会で2勝するなど好調。また新日鐵住金鹿島の山井佑太投手、JR東日本東北のアンダースロー・加藤正志投手も好投を見せた。

変幻自在

 日本製紙石巻の佐々木拓也投手は北海道栄高校出身で、田中将大投手が3年の時に駒大苫小牧がセンバツを出場辞退した事から甲子園に出場し、初戦で早稲田実業の斎藤佑樹投手と投げ合い0-7で敗れた。(駒大苫小牧が出場していれば1回戦から斎藤佑樹・田中将大の対戦が実現していたかもしれない。)

 八戸大ではサイドスローとなり130km/h台ながらエース格として活躍をしていたが、日本製紙石巻では再び上から投げ、147km/hも記録していた。ただし投球は140km/h前後のストレートと変化球を織り交ぜて投げるタイプである。

 今年はスポニチ大会でJX-ENEOSを完封し、準決勝の三菱自動車岡崎戦でも1失点で勝利するなど2勝を挙げ、チームの準優勝に貢献して敢闘賞を獲得している。そしてこの日もHonda鈴鹿を完封した。

 大学卒で社会人4年目になるが、持ち前の制球力が戻ってきて今年の活躍に繋がっているようだ。とにかく結果を残す事でプロから注目される投手となる。ここまで結果を残している今年は大きなチャンスといえる。

 

山井佑太投手

 山井佑太投手は日大出身の右腕で、スリークォーター気味に最速142km/hのストレートを投げる。昨年社会人1年目の春のスポニチ大会で7回3安打無失点でデビューをして期待されていた。

 この日はイニング等は不明だがチームは2-1で勝利し好投を見せたようだ。今年ドラフト解禁の投手としてどんなピッチングを見せるのか注目したい選手。

 

サブマリン

 またJR東日本東北はトヨタ自動車東日本に8回コールド7-0で快勝した。先発した加藤正志投手は鶴見大学出身のアンダースローの投手で、この日は8回を投げて6安打5奪三振3四死球で無失点に抑えた。球速も145km/hとしており面白い存在なのではないかと思う。フォームの希少性からプロも注目するだろう。

 


PAGE TOP