侍ジャパン社会人代表、横浜DeNA2軍と4-4で引き分け、関谷亮太投手が3者連続三振奪う

守安玲緒, 関谷亮太, 加藤貴之

 侍ジャパン社会人代表は第1次合宿の最後として、横浜DeNAの2軍と強化試合を行った。

関谷亮太投手が好投

 初回は横浜DeNAの加賀美希昇投手から、2つの四球と2連打で2点を奪い先制した。しかし都市対抗でもやや調子が良くなかった新日鐵住金かずさマジックの加藤貴之投手がヒットと四球なのでピンチを背負うと、内野ゴロの間に1点を返される。加藤投手は3回も1,3塁のピンチを招き、降板してしまった。調子が下降線なのがやや気になる。

 5回からはJR東日本のルーキー・関谷亮太投手が登板すると、乙坂、内村、松本啓といった1軍でも活躍を見せた選手から三者連続三振を奪うピッチングを見せた。6回は2アウトから2ベースヒットを打たれた所で降板したが、やはり角度のあるストレートと変化球は魅力がある。

 その後、リリーフエースに指名していた守安玲緒投手が3ランホームランを許して逆転されたものの、9回に社会人代表が追いつき4-4の引き分けで終わった。

 ドラフト候補とみられる新日鐵住金かずさマジックの加藤投手の調子が気がかり、また都市対抗までは好調だった守安玲緒投手もやはり疲れが出始めているのだろうか。9月の2次合宿までには再び調子を挙げて欲しい。アジア大会もそうだがドラフト会議でも順位に影響するかもしれない。


PAGE TOP