JR九州、福敬登投手が8回無失点で日本選手権出場決める

JR九州, 下平裕次郎, Honda熊本, 福敬登

 日本選手権出場を目指す予選大会が各地で行われている。九州地区予選ではJR九州vsホンダ熊本の第1代表決定戦が行われ、JR九州の4年目となる左腕・福敬登投手が8回を無失点に抑える好投で勝利し、日本選手権出場を決めた。

180cm左腕

 福敬登投手は180cmの左腕投手で、最速145km/hを記録も140km/h前後のストレートと変化球で丁寧なピッチングをするのが特徴。この日は8回を投げて6安打無失点と、持ち前の丁寧なピッチングで好投し、チームを日本選手権に導いた。

 高校は神戸西高校(現須磨翔風高校)では神戸西・須磨・須磨翔風の連合チームでエースとして登板していた。JR九州に入って4年目で頭角を現した。

 JR九州では昨年のドラフト会議で加治屋連投手が福岡ソフトバンクに1位指名されているが、加治屋投手も宮崎県福島高校という野球ではそれほど有名ではない高校出身だった。他にも今年のドラフト候補の菊地翔太投手や吉田奈緒貴投手など、今年は白鳥翔投手など高校生で将来性がありそうな投手を入部させて育てている。

 福投手も大型左腕として楽しみな投手であり、実績を残したことで今年のドラフト会議は難しいかもしれないが、来年は候補に入って来そうだ。

 

ホンダ熊本は下平投手好投も

 一方、ホンダ熊本は九産大卒2年目で今年ドラフト解禁の下平裕次郎投手が、9回を7安打も1失点と粘りの投球を見て好投したものの、0-1で敗れて西部ガスとの第2代表決定戦に臨む事になった。

 下平投手も182cmから145km/hを記録する素質の高い投手で、今年はどうかわからないが、来年のドラフトでは上位候補に入ってほしい投手。


PAGE TOP