立命館大・西川大地投手が完封、関大・畑瀬聡史投手も完投

関西大, 西川大地, 立命館大, 畑瀬聡史

 関西学生リーグでは、立命館大が3年生・西川大地投手が近大に勝利、また関西大も4年生エースの畑瀬聡史投手が京都大に1失点に抑えて完投勝利を挙げた。

連続完封

 春の王者、立命館大は一昨日に3年生の桜井俊貴投手が完封勝利を挙げると、この日も3年生の西川大地投手が近大を7回まで3安打9奪三振4四死球で無失点に抑え、愛工大出身の1年生・東克樹投手に継投して完封リレーで勝利した。

 西川投手は高知高校出身の180cmの右腕で、1年時から活躍をしている安定感の高い右腕投手。春は1勝3敗と不調だったが、まずは好調なスタートを切った。桜井投手と共に来年のドラフト候補となる。

 

エースが好投

 また関西大vs京都大の試合では、この日は京都大はプロ注目の田中英祐投手ではなく、先発の小林投手や冨田真吾投手等の粘りで8回まで1失点の好投を見せる。

 対する関西大も春に3勝0敗、防御率0.43を記録した畑瀬聡史投手が先発し、9回まで6安打7奪三振1失点の好投を見せた。9回に関西大がサヨナラで勝利し、畑瀬投手が完投勝利を挙げた。畑瀬投手は180cmから146km/hを投げる投手で今年のドラフト候補の一人。進路などは分からないが、社会人に進めば注目投手として再びドラフト候補になりそうな投手だ。

 


PAGE TOP