JX-ENEOS・船本一樹投手が5回2安打無失点、北海道日本ハムスカウトが評価

社会人野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 JX-ENEOSとJR東日本の強豪チームがオープン戦で対戦し、JX-ENEOSはエースとして期待される船本一樹投手が先発すると、5回2安打7奪三振と完璧なピッチングを見せた。

三上投手と同じ道を

 船本一樹投手は186cmの長身右腕で、法政大からJX-ENEOSに進み今年で2年目となる。横浜DeNAで昨年リリーフエースとして活躍した三上朋也投手もは190cmの長身右腕で法政大時代は伸び悩んだが、JX-ENEOSで成長してプロ1年目から活躍を見せたが、船本選手もそのような感じになりそうだ。

 腕をやや低めにして制球力が良くなったのも三上投手に似ている。この日は5回を投げて2安打7奪三振、JR東日本を相手に完璧なピッチングを見せた。視察した北海道日本ハムの大渕隆アマスカウトディレクターも「法大の時よりも制球が良くなっている」と話す。

 今年はチェンジアップを習得し、「球のキレがあったので思ったより三振がとれた」と話す船本投手、今年安定したピッチングを続ければ、三上投手がドラフト4位とそれほど注目されないままプロ入りして活躍した事もあり、ドラフト会議では2位3位あたりで指名があるかもしれない。

 

JX-ENEOSのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

JX-ENEOS 船本納得7K スポーツニッポン紙面 2015/3/6

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント