明治安田生命、ルーキーの1・2番&二遊間コンビに期待

社会人野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

立教大とオープン戦を行った明治安田生命は、1番に昨年まで明治大でプレーした吉田大成選手が、2番には昨年まで中央大でプレーした新城拓選手が先発、ルーキーコンビが二遊間を守った。

ルーキーコンビ

吉田選手は3回にチーム初となるヒットを放つと、7回には四球を選ぶ。2番の新城選手はライト線へのタイムリー2ベースヒットでその吉田選手をホームに還した。

吉田選手は佼成学園出身の内野手で、明治大では3年時よりショートのレギュラーとして活躍、4年秋には打率.424で3ベースヒットを3度記録している。新城選手は中央大の2番セカンドとして、3年春は打率.353を記録してリーグ7位の成績となったものの、昨年春は打率.097、秋は打率.152に終わっていた。吉田選手は「明治でやってきたことが間違いでなかったことを証明できるよう、1年目からやってやろうと思います」と話した。

ルーキーが1,2番を打ち、そしてセカンドとショートを守る。林監督は「いい新人が入ってきて面白くなりそうだ」と手応えを掴んでいた。このコンビで、JR東日本や東京ガスなどのいる東京に挑んでいく。

明治安田生命のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2018年度-社会人のドラフト候補リスト

吉田は3回にチーム初安打。7回には持ち前の粘り強さで四球を選ぶと、新城の右翼線への適時二塁打で一時同点となるホームを踏んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント