水本弦選手が東邦ガスに加入、大阪桐蔭、亜細亜大で主将

社会人野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

大阪桐蔭が甲子園で春夏連覇を果たした年の主将で、その年のU18代表でも大谷翔平選手などがいる中で主将を務めたのが、水本弦選手。その後、亜細亜大でも4年時に主将を務め、春のリーグ戦で優勝をしている。その水本選手は激戦の社会人東海地区、東邦ガスに進む。

リーダーシップ

大阪桐蔭時代は藤浪晋太郎投手や沢田圭佑投手、田端良基選手、笠松悠哉選手、1年後輩の森友哉選手などがいるチームで春夏連覇を果たしたが、そのチームの主将は水本選手だった。そしてその年に行われたU18W杯では、大谷翔平投手、田村龍弘選手、佐藤拓也選手、金子凌也選手などがいるチームでも主将となった。

大学では1年生の春にレギュラーで出場しベストナインとなり、1年生と3年生の時に明治神宮大会で日本一を経験、そして4年生となった昨年は大学でも主将となり、前評判がそれほど高くなかったチームだったが、春のリーグ戦を制した。

悔しさもある。大学では1年生春が最も成績が良く、打率.349を記録したが、その後は打率3割を超える事はなかった。そして4年生の秋は生田監督が4年生が成長していないと4年生をスタメンから外した事があったが、水本選手もスタメンから外された。しかしその試合で途中出場し、2点タイムリーヒットなどで勝利につながる打点を挙げ意地を見せた。

水本選手は左手首の肉離れのため、東邦ガスの全体練習からは外れていたが、打撃練習は再開しているという。ヤマハ、トヨタ自動車、西濃運輸など強豪ひしめく東海地区について「東海地区はレベルが高いので、こういう環境でやれるのはうれしい。」と話し、「打撃でアピールしたい。レギュラーをつかむのは最低限の目標」と続けた。

伏見監督は水本選手に「まず期待するのは打撃。キャプテンシーも1年目から発揮してほしい」と話し、チームを引っ張る力に期待をしている。おそらく東邦ガスでも長い間プレーする選手になるような気がするが、プロの世界でも主将になりそうなくらいの成長を期待したい。

東邦ガスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-東海地区のドラフト候補リスト

水本、日本一男が東邦ガスに来た~ 中日スポーツ紙面 2017/3/4
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント