社会人野球を退部する選手たち~その4~

社会人野球には毎年有望な大学生選手が入ってきて注目される。しかし、チームから退部する選手はあまり注目されない。社会人野球からの引退は多くの選手にとって、野球からの引退となる。2016年で社会人野球チームを退部した選手の紹介、今日はその3です。

その1その2その3

JR東日本

片山純一投手、白崎勇気投手

社会人野球ファンなら知らない人はいないというレジェンドの一人だった片山投手、瀬戸内高校、亜細亜大、JR東日本に進み、社会人ではチームの他、毎年のように社会人日本代表に選出され、左横からの鋭い球で世界のバッターを苦しめた。忘れられない投手の一人。

白崎投手は横浜DeNA・白崎浩之選手の従兄で、駒澤大では一緒にプレーをしていた。最速148キロの速球を記録した事もあり、2013年にはドラフト前に名前が上がるなど注目された。

JR東海

菅野智也投手、加藤智弘投手

菅野投手は東京情報大時代に186cmの長身右腕として注目された。バランスの良いフォームが特徴だったが球速は130キロ台中盤だった。将来性に注目され、社会人野球でも期待されたものの大成とまではいかなかった。

加藤投手は中京高校時代に183cmの長身左腕として注目され、和製ランディ・ジョンソンの一人だった。長い腕から大きな変化球も特徴だったが球速は130キロ中盤で、高校からすぐにJR東海入りし将来を期待されていた。

日本製紙石巻

伊場竜太捕手

伊場選手は中学時代、3番捕手として世界大会で5本塁打を放ち、4番を打った中田翔選手の4本塁打を上回った。慶応義塾高では期待されたが甲子園出場はできず、慶応大でも捕手としては活躍できなかった。日本製紙石巻で5年間プレーし退部した。

Honda

櫻田裕太郎投手

左からキレの良いストレートと変化球を投げ、横浜高校でも左のエース格として好投を見せ、八戸学院大でもエースとして活躍した。Hondaでも先発の軸として登板し結果を残したが、プロからは声がかからず、7年間の社会人野球人生に幕を引いた。

 

引退される方は本当にお疲れさまでした。そして他の環境でこれからもプロを目指して戦う選手はこれからも応援します!


PAGE TOP