山形中央の53発スラッガー・大泉周也選手が新日鐵住金鹿島で「プロへ」

山形中央, 新日鐵住金鹿島, 大泉周也

2年生、3年生の夏の山形大会決勝でホームランを放つなど通算53本塁打を打った山形中央の大泉周也選手が、新日鐵住金鹿島からプロ入りを目指す。

プロへのモチベーション

大泉周也選手は、2年生夏の山形大会決勝でホームランを放つものの、鶴岡東に8-10で敗れ、また昨年夏も山が大会決勝でホームランを放ったが、日大山形に3-16で敗れて甲子園出場はできなかった。高校通算53本塁打を記録したものの、プロ志望届は提出せず、「レベルの高いところでやりたかった。東京ドームで本塁打を打って、全国に名をとどろかせたい」と話し、社会人野球の新日鐵住金鹿島に進むことを決めた。

昨年のドラフト以降、プロ入りへのモチベーションが高くなった。山形で戦った鶴岡東の吉住晴斗投手が、福岡ソフトバンクにドラフト1位で指名されたからだ。吉住投手は山形では注目される投手で、大泉投手もピッチングマシンを170キロの設定して打撃練習をし、攻略の練習をしてきたライバルだった。そのライバルがドラフト1位でプロ入りし、やり取りしているLINEでは「早く勝負しよう」とメッセージをもらって「よりプロに入りたい気持ちが強くなった」と話す。

フルスイング

大泉選手は1月からチームに合流し、2月の宮崎キャンプにも帯同した。中島監督からは「どんな球もフルスイングしなさい」と指導され、大砲として育てられている。「飛ばすことには自信を持ってやれている。1年目からレギュラーを奪って、社会人に行ってよかったと思えるようにしたい。この3年間にかける。大きく成長したい」と話し、3年後のドラフトでの指名を目指す。

昨年のドラフトでは、スラッガー候補として注目された選手の一人、東北では盛岡大付の植田拓選手(バイタルネット)、いわき光洋の園部佳太選手(専修大)と並んで注目された。3選手についてはこれからも注目を続けたい。

新日鐵住金鹿島のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

目標は3年後のプロ入り。高校時代のライバル、吉住のソフトバンク入りが大きなモチベーションだ。ピッチングマシンを170キロに設定してまで攻略に執念を燃やしてきた、一番負けたくなかった相手だった。

そのライバルがドラフト1位で指名された。LINEで「早く勝負しよう」と“挑戦状”を送られ、「よりプロに入りたい気持ちが強くなった」と大泉。高校時代は公式戦で2度対戦し本塁打はなし。プロの舞台で雪辱を果たす。


PAGE TOP