Honda・齋藤友貴哉投手が150キロ、巨人スカウトが評価

Honda, 齋藤友貴哉

Hondaの153キロ右腕・齋藤友貴哉投手が先発し、最速150キロを記録した。巨人のスカウトが評価をしている。

153キロ右腕

Honda・齋藤友貴哉投手は最速153キロを誇る右腕で、桐蔭横浜大時代もその球威が注目注目されており、昨年の都市対抗本戦でも、ヤマハの鈴木博志投手クラスの球威ある速球を投げていた。

今年のドラフト注目候補の一人だったが、投手陣が比較的豊富なチーム事情もあり、登板機会はそれほど多くなかった。しかし、この日の都市対抗南関東2次予選の1回戦、YBC柏戦で先発をすると、2回を投げて無失点に抑えた。

球速はスカウトの計測で150キロを記録した。視察した巨人の青木スカウトは「真っすぐに力がある」と評価した。今後先発で起用されるのか、球威を活かしてリリーフで起用されるのか、いずれにしても2次予選、本戦は最も注目したい投手。

大学時代は制球難の課題もあったが、それが克服されて150キロの速球を活かせる状態であれば、ドラフト1位指名候補に入ってくるのは間違いない。齋藤投手は「全試合投げるつもり」と気合を示した。

2018年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

ドラフト上位候補、斎藤フル回転だ デイリースポーツ紙面 2018/6/2

 


PAGE TOP