2020年の期待したい選手~その2~

秦匠太朗, 高瀬雄大, 松田進吾, 岩城駿也, 米満凪

2020年の期待をしたい選手を紹介して行きます。今日は社会人野手から。

2020年に期待したい社会人野手

米満凪:北海道ガス

米満選手は奈良学園大時代に抜群の俊足を見せ、侍ジャパン大学代表入りを果たし、プロのスカウトからも注目された。50m5.8秒の俊足と遠投110mの肩で内野の守備力に優れている。プロ志望届を提出したものの指名が無く北の大地に創設された北海道ガス野球部入りし、チーム初の全国の舞台出場とプロ野球選手の誕生の期待がかかる。課題はバッティング、打球の強さを増し、痛烈な打球を外野手の頭の上に運んで3ベースヒットを量産したい。

松田進吾:日本製鉄かずさマジック

松田選手は札幌日大から日本大学、そしてかずさマジックへと進んだ選手。187cmの大型選手だが50m5秒台で走る身体能力があり、高校時は25本塁打とパンチ力も十分。高校時はプロ志望届を提出したが大学時は提出せず、かずさマジックで3度目のドラフト指名解禁となる。元プロの監督や同僚からアドバイスをもらい、アピールのできる1年にしたい。

高瀬雄大:明治安田生命

高瀬選手は長崎西時代にプロのスカウトから「長崎の野手で一番センスがある」と評価されたが、明治大では3年秋に1シーズンだけ、打率.417、2本塁打という成績を残したが、4年の春・秋は成績を徐々に落とし、それほど印象にも残らなくなってしまった。しかし社会人1年目の昨年の都市対抗では1番ショートで出場して5打数3安打2打点、打撃の柔らかさとショートの守備に非常に魅力を感じた。今年、大学卒2年目となる。大学時のように失速することなく、今度はさらに調子を上げてアピールをしたい。

岩城駿也:西濃運輸

九州産業大ではリーグ屈指の選手でホームランも打てるし高い打率を残す選手として注目され、3年時の大学野球選手権では初戦で5打数2安打、3ランホームランなど6打点の活躍、2回戦も4打数3安打でベスト8入りに貢献をした。ファーストを守ることが多く、大学4年ではプロ入りを目指してサードに挑戦したものの、守備で評価を得る事がなかなかできず、打撃もさらにアピールとはいかずに、プロ志望届を提出したものの指名は無かった。昨年はチームは都市対抗に出場できず、補強選手にも選ばれず、秋の日本選手権も出場できずにアピールがほとんどなく終わってしまった。しかし埋もれる選手ではない。大学時のように爆発力のある打撃で今年は猛チャージをしたい。

秦匠太朗:王子

184cm95kgの右の大砲で、二松学舎大付時代に高校通算58本塁打を記録した。しかし専修大では東都2部という事もありなかなかアピールできず、昨年は都市対抗で代打で1打席に立ち1安打1打点を挙げたが、日本選手権では出場はなかった。今年の社会人野手では今川優馬選手(JFE東日本)や片山勢三選手(パナソニック)といったフルスイングの長距離砲が注目されてくると思うが、高校時代から右の大砲として注目されていた秦選手も注目される活躍を期待したい。

2020年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
2020年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
2020年度-社会人外野手のドラフト候補リスト

2020年注目の社会人のドラフト候補~野手編~


PAGE TOP