三菱自動車岡崎・富田蓮投手、岐阜で注目された左腕が社会人で成長目指す

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

三菱自動車岡崎に大垣商の富田蓮投手が入部した。2年夏のに岐阜大会準優勝、3年夏にベスト4にチームを導き、岐阜では話題となった左腕投手が社会人野球で成長目指す。

今永投手を目指し

富田蓮投手は175cmの左腕投手で、最速は141キロを記録する。切れ味抜群の球で、2年夏の岐阜大会では関商工、市岐阜商戦で登板し、奪三振は少ないものの、持ち前の制球力とコンビネーションで勝ち上がった。決勝の大垣日大戦では6回を投げて4失点とまずまず抑えたものの敗れ、甲子園に一歩届かなかった。

3年夏も準々決勝で能力の高い選手がそろう県岐阜商戦で先発すると、9回4安打5奪三振で2失点に抑え、9回サヨナラで強豪を下している。しかし中1日で登板した準決勝の大垣日大戦では7回で12安打を浴びて10失点し、リベンジは果たせなかった。

甲子園には届かなかったが、三菱自動車岡崎の野波監督の長男が大垣日大でプレーをしており、その応援にきていた野波監督が富田投手の投球を見て練習に誘い、入団が決まった。「監督との縁がなかったら、大学に進んでいた。社会人はプロに近い。レベルの高いところでやりたかった」と話す。

富田投手は「体力の問題であと一歩、甲子園に届かなかった。社会人で、芯から強くする体作りに取り組みたい。大きな体より、強い体を意識している」と話し、社会人でまずは体力強化の取り組む。野波監督も「高2の時から見ていた。すぐ戦力になるとは思っていない。じっくり、やってほしい」と時間をかけて育てる方針だが、既に今年のオープン戦に登板をしており、期待の高さをうかがわせた。

「大会を任せられるような投手になりたい。3年後はプロに行きたいので、一球一球を無駄にせずに練習したい」と話し、富田投手はプロ入りを見据える。DeNAの今永昇太投手を目標に成長し、2022年のドラフト会議で名前が挙がる投手となりたい。

2022年度-社会人のドラフト候補リスト

「監督との縁がなかったら、大学に進んでいた。社会人はプロに近い。レベルの高いところでやりたかった」と富田。野波監督は「高2の時から見ていた。すぐ戦力になるとは思っていない。じっくり、やってほしい」と将来性に期待する。

 社会人野球は日本選手権を含め、夏までに予定されていた公式戦のほとんどが中止となった。今後は練習を続けながら、再開を待つことになる。

 「(再開したら)大会を任せられるような投手になりたい。3年後はプロに行きたいので、一球一球を無駄にせずに練習したい」。勝負をかける時まで力を蓄えるつもりだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント