高校生の夏を奪ってはいけない、高野連の運営委員会を5月20日に延期

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

高校野球連盟は4月22日に予定していた、夏の高校野球選手権の運営委員会を5月20日に延期すると発表した。6月20日に沖縄大会の組み合わせ抽選が行われる予定で、そのタイミングで夏の大会の開催判断が行われる。

緊急宣言の場所に集まる事が難しく

4月22日に行う予定だった運営委員会を延期したことについて、小倉事務局長は「感染拡大警戒地域に集合すること自体、厳しい状態」と話し、全国から集まって会議をする事を危険として取りやめた。

そして、延期した会議を5月20日とした。国の緊急事態宣言が7都府県に5月6日まで出ており、まずはそれが継続されるかどうか、そうなった場合どのくらいの期間で継続されるかが問題となる。6月20日に沖縄大会の組み合わせ抽選が行われ、6月末から各地で夏の選手権大会が開催されるが、それに向けたギリギリのタイミングと言える。

小倉事務局長は「今やれることから始めさせていただく。感染の状況を見ながら準備していく」と話し、地方大会開催に向け、感染予防のガイドラインを策定し、5月中旬には各地方高野連に配布される予定で、各都道府県の高野連も「それを待ってから今後の会議を進めていくことになる」とも話している。ガイドラインには感染拡大防止の方法などの他、無観客にすべきかどうか判断基準や、最悪の場合の地方大会の開催の判断基準についても書かれる可能性がある。

夏を奪ってはいけない

野球に限らず、高校生の3年生は今年1年しかない。そして強制的に時間は流れ、この1年が終わり、高校生は次の道へと進まねばならない。その大切な時間を奪ってはいけない。

緊急事態宣言が1カ月、2カ月と延びる事態となれば、少なくとも宣言をされている地域での夏の選手権の開催は絶望となる。またそれに伴い、野球ファンが流入する可能性もあり、周辺の都道府県でも開催が危うくなる。

新型コロナウイルスには、医療関係者や保健所の方を始め、多くの人が命を懸けて戦っているが、多くの一人一人が感染拡大を防止する事に協力できる。大会が中止となる事も他人事ではない。会わない事で繋がりを繋げて、高校生に高校最後の夏を迎えられるようにしたい。

現在、日本高野連は各地方高野連からの情報収集を行っており、夏の地方大会開催にあたり、主催者側は感染予防のガイドライン策定にも着手していることも分かった。関係者の話を総合すると、5月中旬にも各地方高野連に配布されるという。ある県の高野連関係者は「ガイドラインが配布されると聞いている。それを待ってから今後の(日程の)会議を進めていくことになる」とも話しており、地方大会の開催の有無、有観客か無観客かの判断基準となりそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント