日本製鉄広畑・川瀬航作投手はアクシデントも6回10奪三振4失点で粘り

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

148キロのサイドハンド投手・日本製鉄広畑の川瀬航作投手は、この日は右足がつるアクシデントが発生したが、7回途中まで4失点と粘りを見せた。

スポンサーリンク

つったりつらなかったり

都市対抗近畿地区2次予選の大和高田クラブ戦で先発をした川瀬航作投手は、2回に右足がつると、その後も「1球1球、つったりつらなかったりして、抑えやすいところを探してフォームを変えて投げていた」と話す。

6つの四球を出して苦しみ「粘れなかった」と話すものの、その状態で7回2/3を投げ10個の三振を奪う。結局4安打10奪三振6四球4失点、6-4で勝利した。

川瀬投手は148キロの速球を投げる変則のサイドハンド投手。京都学園大時代にプロ志望届を提出したが指名漏れとなり、ドラフト指名解禁の今年、プロ入りを目指す。それでもまずは、「こういう投球をしていたら上の世界では通用しない。目先の勝利を優先してそこで評価されてから。そんな試合でも全力で投げて勝たせられるようにしたい」と話し、まずは自分の全力の投球でチームを勝ちをもたらすことを目指す。

ドラフト会議まであと2か月程度、川瀬投手にとって勝負の短い秋が始まった。

2020年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-近畿地区のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

社会人2年目の今年は解禁年となるが、「こういう投球をしていたら上の世界では通用しない。目先の勝利を優先してそこで評価されてから。そんな試合でも全力で投げて勝たせられるようにしたい」と足元を見つめた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント