日本新薬の二塁手・福永裕基選手に9球団17人スカウト視察、巨人・DeNAが評価

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

都市対抗近畿2次予選では日本新薬がミキハウスに2-0で勝利、プロ注目二塁手の福永裕基選手に9球団17人のスカウトが視線を送った。

スポンサーリンク

「候補に入ってくる」

福永裕基選手は、天理高、専修大でプレーし、日本新薬で2年目となる180cmの右の二塁手。昨年の都市対抗は右足を捻挫して出場できなかったが、走攻守3拍子揃う身体能力の高い選手で注目されている。

この日は4番セカンドで出場すると、初回2アウト1塁の場面でライト前にヒットを打つなど、4打数1安打1打点で勝利に貢献した。「ファーストスイングでヒットを打てたのは良かった」と話した。

この日は9球団17人のスカウトが視察に訪れたが、横浜DeNAの安部スカウトは「打撃の内容はいい。守備も成長しているし、足も速い」と話すと、巨人の岸スカウトは「走攻守そろった選手で候補に入ってくる」と評価した。

福永選手はプロ入りについて「行きたい気持ちは強いが、チームを勝たせる打撃をできるかどうかが評価につながると思います」と話し、プロ入りを意識しながらチームに貢献する打撃を目指す。

2020年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-近畿地区のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

9球団17人が視察に訪れ、巨人の岸スカウトは「走攻守そろった選手で候補に入ってくる」と賛辞。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント