パナソニック・片山勢三選手が5打数4安打3打点、都市対抗本戦へ王手

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

パナソニックがこの日、都市対抗近畿地区2次予選の1回戦で、カナフレックスに7-0で勝利し、本戦出場に王手をかけた。

スポンサーリンク

片山選手大当たり

パナソニックの片山勢三選手は、一昨年の社会人1年目に春からホームランを量産して注目されたものの、昨年は調子を上げられずに社会人でもう1年結果を出してからプロ入りすることを目指していた。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響により、春から夏の社会人大会がほぼすべて中止となり、アピールの機会が無くなっていた。

実戦の少ない中でぶっつけ本番となるこの都市対抗2次予選でも、この日までの3試合で片山選手はノーヒットだった。しかしこの日のカナフレックス線では4番ファーストで出場すると、先制の2点タイムリーヒットなど5打数4安打3打点の活躍を見せた。

片山選手は、高校時代からの動画を見て振り返る事があるというが、「打てていたときの動画を見てイメージをした。」と話し、前日までの打撃を「消極的になっていた」と見つめなおした。この日の活躍で「4番が打てばこういう点差になる」と笑った。

何が起こるのかわからない。今年はそう思わせる1年となっている。塞翁が馬、片山選手にとって、秋は笑顔で「何が起こるかわからない」と言えるような年になってほしい。

2020年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
パナソニックのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

初回2つの四球と犠打で1死二、三塁とすると、片山の三遊間を鋭く抜ける当たりで2点を先制した。高校時代から動画を見て振り返ることがあるという4番は「(前の試合まで)消極的になっていた。打てていたときの動画を見てイメージをした。4番が打てばこういう点差になる」と笑顔で試合を振り返った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント