SUBARU・手塚周投手が2回3奪三振無失点、北海道日本ハムが評価

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

SUBARUの150キロ右腕・手塚周投手が、ENEOSとのオープン戦で登板し、2回を無失点に抑える投球を見せた。

スポンサーリンク

立教大エース

手塚周投手は立教大時代にエース格として7勝を挙げる活躍を見せた。SUBARUに進むと体重が10kg以上増加し、最速150キロを記録していた。

ドラフト候補として期待されていた今年、3月はじめの試合中に右手首を痛めて出遅れていたが、4月17日の日立市長杯・ニチダイ戦で1回を投げ、この日のENEOSとのオープン戦で2回を投げた。

最速は146キロ、球質の良さが特徴の投手で、この日はスプリットも冴え2回で3つの三振を奪った。2回2安打3奪三振無失点、5月7日に開幕するJABA九州大会に向けて徐々に調子を挙げている。

手塚投手は「真っすぐは感覚が戻りつつある。今年はドラフト解禁、結果にもこだわりたい」と話し、ドラフト会議を意識している。この日は北海道日本ハムの坂本スカウトが視察したが「直球の質がいいから変化球も生きている」と評価した。

九州大会ではスカウトから熱視線を送られそうだ。

2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

福島高から1浪して入学した立大時代は細身だったが、体重も10キロ近く増えて力強くなった。持ち球が似ていて投球術に優れた楽天・岸が目標で、心掛けているのはボールの回転軸を立てること。視察した日本ハムの坂本スカウトは「直球の質がいいから変化球も生きている」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント