鷺宮製作所・小孫竜二投手に8球団視察、巨人・水野スカウト部長「好評価です」

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

最速156キロの速球を投げ、社会人屈指の右腕投手・鷺宮製作所の小孫竜二投手に、8球団のスカウトが集結した。

スポンサーリンク

4度目のドラフト

小孫竜二選手がこの日、社会人企業秋季大会のJR東日本戦で先発すると、初回に3安打を許して2失点をしてしまう。しかし、その後は制球を重視する投球で、2回から4回まで三者凡退に抑えて6回5安打7奪三振2失点と力を見せた。最速は151キロだった。

「ずるずるいかないように、キャッチャーと話しあった」と話す小孫投手、この日は8球団のスカウトがドラフト直前に注目する中で、悲願のプロ入りをかけた登板だった。視察した巨人の水野スカウト部長は「いいボールを投げている。強い球を投げていて、変化球も投げて好評価です」と話した。

遊学館高校で140キロ中盤の速球を投げ、ドラフト候補として注目されたが指名はなかった。創価大に進むとエース格として投げ、150キロ中盤の速球を投げたものの、そこでも指名はなかった。鷺宮製作所に進み2年目の昨年もプロ志望をしていたものの指名はなく、今年は指名を待つ4度目のドラフト会議となる。

「悔しい気持ちもあった」が「実力が足りないと分かっていたので、すぐ切り替えて野球に打ち込むことができた」と今年は制球力を磨き、1年間を投げ通した。「武器であるまっすぐとスライダーは、プロにいっても変わらない。どういう結果になるにしろ、待つだけです」とドラフト会議に向かう心境を語った。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
プロ注目の鷺宮製作所・小孫が6回2失点 自身4度目のドラフトへ「待つだけです」/デイリースポーツ online
 「社会人野球・東京都企業秋季大会・1回戦、鷺宮製作所3-2JR東日本」(2日、大田スタジアム) 鷺宮製作所が、延長十回、タイブレークの末にサヨナラ勝ちを決めた。今秋ドラフト上位候補の小孫竜二投手(25)が先発し、6回を5安打2失点と好投。8球団が視察に訪れ、巨人の水野スカウト部長も「いいボールを投げている。強い球を投...

鷺宮製作所が、延長十回、タイブレークの末にサヨナラ勝ちを決めた。今秋ドラフト上位候補の小孫竜二投手(25)が先発し、6回を5安打2失点と好投。8球団が視察に訪れ、巨人の水野スカウト部長も「いいボールを投げている。強い球を投げていて、変化球も投げて、好評価です」と絶賛した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント