九州学院・村上慶太選手が本塁打、ドラフト会議では支配下指名時のみプロへ

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

九州学院の村上慶太選手が、この日の国体・聖光学院戦でホームランを放った。プロ志望届を提出しているが、ドラフト会議では支配下でのみプロ入りすると明言した。

スポンサーリンク

高校ラストゲーム

聖光学院と対戦した九州学院の村上慶太選手は、3回にセンター前へのタイムリーヒットで2打点を挙げて同点に追いつくと、2−3で迎えた5回にはレフトスタンドにホームランを放ち、再び同点に追いついた。試合は4−6で敗れ、高校通算は7本だったが、ラストゲームにホームランを打つことができたが、「良い形で打てました。いろいろな方の支えがあって結果が残せたので、感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。

190cm100kgと兄よりも大きな体から、強い打球を飛ばせるのはもちろん、対応力の高い打撃も見せる。すでにプロ志望届を提出しているが、兄の村上宗隆選手に「可能性があるなら挑戦しろ」と背中を押されて提出したという。

ドラフト会議では「育成は行かない。支配下だけ」と、育成ドラフトでの指名であればプロには進まない事を明言した。そして、「どの球団でも行くつもりだけど、兄と一緒にできるのであればやりたい」と話した。

「自分のプレーで村上宗隆を、村上慶太の兄と言わせるように頑張ろうと思います」と話し笑った。兄弟でのプロ野球選手となるか、ドラフト会議が注目される。

2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ヤクルトの村上弟・慶太がプロ入りアピール弾!九州学院ラストゲームで2安打3打点 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 九州学院(熊本)は聖光学院(福島)との開幕戦に臨み、4―6で競り負けた。プロ志望届を提出している村上慶太内野手(3年)は「4番・一塁」で先発出場し、5回の左越えソロを含む2安打3打点。ヤクルト・村上宗隆内野手(22)を兄に持つ「未完の大器」が高校ラストゲームで輝きを放ち、20日のドラフト会議を前に最後のアピールとなっ...

0―2で迎えた3回に中前への2点打で同点とし、さらに2―3で迎えた5回には左越えに高校通算7号の同点ソロ。4―6で惜敗して雪辱は果たせなかったが、2安打3打点と気を吐いた。「甲子園にも国体にも出られたので本当に楽しかった。皆にありがとうと伝えたい」と悔いなく高校野球を終えた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント

  1. 村上弟は村上の弟でしかない。この成績で本指名縛りなら社会人に行くべき。大学でも無理だと思う。何せ「兄頼り」の甘えん坊だから。プロに行っても通用しないと自分で言ってるようなもんだ。