ENEOS・度会隆輝選手が二塁手でもプレー、「どちらも一流になれば価値が上がる」

社会人野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

ENEOSの度会隆輝選手は、「ドラフト1位で行くことは夢であり目標」とドラフト1位指名宣言をし、今年は二塁手でもプレーして「どちらも一流になれば価値が上がる」と話した。

スポンサーリンク

二塁手に再挑戦

度会隆輝選手は「ドラフト1位でいくことは夢であり目標」と話し、ドラフト1位で指名される事が目標と話した。

昨年の都市対抗本戦では4本塁打を放つなど、強打のリードオフマンで外野手として注目されている。しかし、横浜高校時代は打撃センスの高い二塁手としてプレーをしていた。

大久保監督は「プロ入り後も見据えて」と二塁手に再転向をアドバイス、「内野も外野も両方一流になれるような選手を目指せ」と話すと、度会選手も「どちらも一流になれば価値が上がるし、幅も広がる。まあまあやれる選手ではなく、両方一流を目指してやっていきたい」と話した。

昨年は大きく飛躍した年になった。「昨季を振り返るととても大事な1年になったし、一番ステップアップできた年だったのかなと思う。野球をやっていく上で自分にとってプラスの大会になった。得たものも多いし、それをふまえて成長できる部分もあるとおもうので今後、プラスにとらえて成長できればいい」と話す。

そして今年は、「まずは都市対抗2連覇。その中で去年以上の成績を残したい」と昨年以上の活躍を見せると意気込んだ。二塁手として昨年クラスの強打を見せることができれば、プロ野球で活躍するDeNAの牧選手のように、多くの球団が注目することになりそうだ。

2023年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ENEOSがアマ野球分科会表彰 ドラフト候補の度会隆輝「一番ステップアップできた年」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東京運動記者クラブ・アマチュア野球分科会は13日、22年度の表彰を発表した。分科会賞は、昨年の第93回都市対抗野球大会で9年ぶり、大会最多を更新する12回目の… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ENEOS度会隆輝、二塁も外野手も「どちらも一流に」、今秋ドラフト上位候補
 今秋ドラフト上位候補のENEOS・度会隆輝外野手(20)が13日、外野と二塁の両面においてプロレベルへの上達を目標に掲げた。横浜高では二塁手。ENEOS入社後にチーム事情から外野手に転向し、社会人ベ
ドラフト指名漏れは絶望ではなく、新たな出会いの始まり…ENEOS・度会隆輝が教えてくれたこと
 自らの名前は最後まで、呼ばれることがなかった。
今秋ドラ1候補ENEOS・度会 「全ての大会で優勝」誓う!プロ入り見据えて二塁へ再挑戦も - スポニチ Sponichi Annex 野球
 社会人野球のENEOSが13日、川崎市内のグラウンドで練習を公開。今秋ドラフト1位候補の外野手・度会は「ドラフト1位でいくことは夢であり目標」と堂々と宣言した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント