NTT東日本・井納翔一投手、8回5安打2失点で完投!末永彰吾投手は149km!

社会人野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 都市対抗野球はNTT東日本vsトヨタ自動車の対戦が行われ、NTT東日本は井納翔一投手が先発すると、188cmの長身から高めに伸びるストレートが146kmを記録、8回を投げて5安打5三振2失点と三振は少なかったもののプロ野球でも通用する力のある投球だった。26歳だが昨年の北海道日本ハム森内寿春投手も26歳でプロ入りし活躍を見せている。井納投手も十分通用すると感じた。

 また9回からは社会人屈指の速球派、末永彰吾投手が登板すると149kmを記録するストレートで押してノーヒット1奪三振、完璧なリリーフを見せた。

 一方トヨタ自動車は1回戦で好投した祖父江大輔投手が先発するも1回に3失点し降板、2回は満塁のピンチでプロ注目の上杉芳貴投手が登板し140km中盤を記録するストレートを投げたものの、全体的にキレが無く満塁ホームランを打たれて4失点と点差を付けられた。春は150kmを記録し調子がよく、ドラフト指名も確実視されていた上杉投手だがここへ来て調子を崩しており、ドラフト指名は不確実な状態だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント