第85回都市対抗野球 2日目のカードと注目選手

第85回都市対抗野球、大会第2日目の対戦カードと注目選手をまとめました。

第1試合

パナソニック(門真市) JFE東日本(千葉市)
藤谷洸介 192cm
95kg
1年 右右
山口県の離島出身、角度のあるストレートを武器にする192cm右腕、90km/h台のドロップカーブ、スライダー、チェンジアップ投げる B 小峰弘樹 183cm
85kg
1年 右右
旧姓は高橋弘樹選手。拓大紅陵から拓殖大に進むと、拓殖大4年春は東都2部リーグで3本塁打、打率.316、社会人1年目春から活躍 A
近藤大亮 178cm
67kg
1年 右右
浪速高校出身で最速148km/hの速球が武器、巨人、阪神のスカウトが視察するなどプロ注目の速球派投手。 B 中嶋啓喜 180cm
80kg
1年 右右
明治大2年秋に16打点、 守備でも強肩でランナーを刺す姿が定着、プロ注目だったが4年時が悪く社会人へ B
三上恭平 179cm
73kg
1年 右右
大学時3度のベストナインに選ばれ、大学日本一にもなった捕手 B 小原和己 185cm
85kg
3年 右左
北海道東海大学時代にMAX151km/hを計測した本格派右腕、ストレートとスライダーを中心とした投球を見せる B
足立祐一 176cm
77kg
3年 右右
大学時から実戦経験豊富な捕手でプロからも注目されていた B 鹿沼圭佑 178cm
73kg
4年 右右
大学3年時148kmもマーク、リリーフとして登板し球威見せる B
井上貴晴 180cm
85kg
2年 右左
180cm85kgの体から120m級の特大ホームランを放つスラッガー。東都2部でリーグタイ記録の1シーズン4本塁打を記録した。 B 玉造直人 172cm
68kg
2年 右右
大学では144km投げ大エースとして君臨 B
藤井聖太 180cm
79kg
3年 右右
本格派投手のフォームで上から投げられるストレートは140km前後をコンスタントに投げる B 内藤大樹 172cm
70kg
2年 左左
2011年春季リーグ戦で3本塁打を記録するなど小柄ながら主軸を任される選手。 元々は投手で強肩。 B
松田拓磨
NTT西日本
から補強
178cm
72kg
2年 右右
高校時代も140km台のストレートで注目投手だった。大学では148kmをマーク B          

 

 第2試合

NTT東日本(東京都) JR九州(北九州市)
二十八貴大 175cm
78kg
1年 左左
中央大時に巨人との練習試合でも先制タイムリーを放つなど活躍 B 白鳥翔 186cm
87kg
1年 右右
 一関学院で1年時から注目された、投打に素質が高い B
横山弘樹 187cm
85kg
1年 右右
140km/h台のストレート、カット気味のスライダー、チェンジアップを投げる荒れ球が持ち味の大型スリークウォーター B 宮島勇二 178cm
73kg
4年 左左
変則フォームからの147kmのストレートで奪三振が多く、期待できる投手だと思う。 A
高木伴 181cm
80kg
2年 右右
社会人でも147km/hのキレが良いストレート投げ、侍JAPANにも選出された A 吉田奈緒貴 175cm
72kg
3年 右左
小柄だが頑丈な体でスリークォーターからの強い腕の振りで、ストレートは147kmをマーク A
加美山晃士朗 177cm
70kg
2年 左左
ストレートは143kmもキレの良いストレートで空振りを奪える。 B 井上翔夢 179cm
72kg
2年 左左
無駄の無い綺麗なフォームから144kmのキレの良いストレートを投げる B
柴田駿秋 181cm
91kg
2年 右右
181cm91kgの大型スラッガー選手、高校通算35本塁打 B 小山元希
三菱重工
長崎から
補強
179cm
73kg
3年 右右
威力があるストレートを投げるピッチャー、今年149km/hを記録 B
末永彰吾 175cm
65kg
5年 右右
150km/hリリーフ、コンパクトなテイクバックから投げられるストレート B          

 

第3試合

室蘭シャークス(室蘭市) JR東日本(東京都)
木田貴博 184cm
80kg
2年 右右
ストレートとスライダーのキレが素晴らしい B 関谷亮太 180cm
82kg
1年 右右
明治大4年春にブレークし大学日本代表でもエース格、社会人1年目からエース A
石山智也 183cm
77kg
4年 右右
球速はまだまだだが投手転向してすぐにチームを全国大会に導いた実績は高い評価。 C 石岡諒太
187cm
87kg
4年 左左
大型ながら50m5.8秒で走る足も持つ左の強打者 B
佐藤憲恒 175cm
90kg
3年 右左
東北高校、富士大出身のスラッガーで札幌ドームで豪快なホームラン C 石川修平 180cm
78kg
5年 右右
法大では主将としてチームを引っ張った。強肩捕手として社会人でも1年目から活躍を見せている。 B
          岩澤寿和 180cm
80kg
2年 右右
法大出身も大学で活躍できなかったがJR東日本で活躍見せ始める B
          坂寄晴一 180cm
74kg
2年 左左
鉾田一から国士舘大に進むと、先発、中継ぎで登板し経験を重ね、社会人2年目春に好投 B
          佐々木孝樹 181cm
75kg
2年 右左
50m5.7秒の足とミート力があり、早大時プロ注目も足の骨折で社会人へ B
          白崎勇気 178cm
70kg
3年 右右
球速は144kmでフォームもオーソドックスな形で目立たないが、軸足がしっかりとしており無駄な動きがない B
          畑中翔 178cm
85kg
3年 右左
力強いスイングから鋭い打球を飛ばす強打者。2012年の都市対抗野球では新人ながら王子製紙戦でホームラン B

PAGE TOP