早大・吉永健太朗投手、大学初完封!横尾俊建選手は3点タイムリー3ベース!

慶大, 吉永健太朗, 早大, 横尾俊建

 東京六大学では昨年高校野球で全国制覇を成し遂げた日大三のメンバーが早くも活躍を見せている。まずは早大・吉永健太朗投手。先日の東大戦で大学生初勝利を挙げたが、この日の立教大戦では2回には三者連続奪三振を見せると4回まではノーヒット、その後ヒット3本を許したものの立教打線に2塁を踏ませずに完封、5-0で大学2勝目を飾った。奪った三振は9個。

 球速は130km台だが高校時代からの決め球シンカーが大学でも通用し、狙って三振を奪う事ができた。これで15回を無失点、全国制覇をした実力を見せ付けている。

 また慶大の横尾俊建選手は明大2回戦で6番サードでスタメン出場すると、6回1アウト満塁の場面で3点タイムリー3ベースヒットを放ちチームも8-2で勝利、殊勲の打点となった。高校時代からの勝負強さは健在でこちらも今後が楽しみ!

  • 2015年のドラフト候補一覧!
  • 早大・吉永“佑超え”完封/東京6大学 - ニッカンスポーツ・コム:2012/04/30

     昨夏の甲子園優勝投手の早大・吉永健太朗(1年=日大三)がリーグ戦初完封を果たした。立大に二塁を踏ませぬ散発3安打7奪三振で、デビューから2戦2勝。これで早大は開幕から4連勝となり、勝ち点2で首位の法大に並んだ。

     ゴールデンウイークの陽気に集まった観客1万2000人が、惜しみない拍手を送った。早大・吉永がスコアボードに並べた0は9個。「完封は最初から意識してました。ストレートの球威はまだまだだし、納得のいく投球ではないですけど」。デビュー2戦目のルーキーということを忘れさせるほど、冷静なマウンドさばきだった。

     3回まで完全の散発3安打完封。2回の3者連続など7三振を奪い、立大打線に二塁を踏ませなかった。実績は現時点で“佑ちゃん超え”。同リーグで30勝300Kを達成した日本ハム斎藤も5年前、同じ背番号16を背負ったが、初完封は1年秋の最終戦だった。

    昨夏、甲子園V腕の貫禄!早大・吉永“佑超え”初完封 - スポーツニッポン:2012/04/30

     114球を投げ散発3安打。2回までに5奪三振、4回までは無安打。130キロ台の直球とシンカーを中心に打たせて取った。斎藤(日本ハム)が早大1年時に背負った背番号16の後継者は、斎藤が成し遂げられなかった1年春の完封勝利に「高校の時に大舞台で投げさせてもらった。たくさんの声援の中で、自分が思っているようにできている」と喜んだ。

     早大入学後、厳しいランニングメニューで、体重は4キロ絞られて76キロ。デビューから15イニング無失点で2連勝も「抑えられてはいますけど、納得のいく球ではない。フォームを課題にしてやっていきたい」と目標は高い。

    慶大・横尾 逆転三塁打!江藤監督誕生日に白星贈った - スポーツニッポン:2012/04/30

     2試合連続で先発起用された慶大・横尾が、2点を追う6回1死満塁から逆転の左越え三塁打を放った。直前の守備では自身の失策から失点していただけに「取り返そうと、強い気持ちで打席に入りました。勝負強い男になりたい」と振り返った。この日に70歳の誕生日を迎えた江藤省三監督は、試合後にナインからウイニングボールをプレゼントされ「ハッピーです。横尾さまさまですよ」と感謝していた。


    PAGE TOP