報徳・田村伊知郎投手、洲本高戦で1失点完投!神港学園・山本大貴は97号本塁打!

田村伊知郎, 報徳学園, 神港学園, 山本大貴

 春季高校野球兵庫大会ではセンバツに出場した洲本高校と報徳学園の対戦が行われ、報徳のエース・田村伊知郎投手が先発すると9割以上をストレートで押すピッチングを見せ7安打1失点で完投、3-1で勝利した。1年生から140kmを越えるストレートを見せ甲子園でも活躍した投手が最終年度を迎える。夏の甲子園に向けて順調なスタートだ。

 神港学園の山本大貴選手は滝川二との試合で第4打席に推定140mのホームランを放った。これで高校通算97本塁打、神港学園はホームランの数が多いが飛距離は本物でホームラン不足のプロも注目するだろう。しかし先輩の伊藤諒介選手らは大学へ進学しており、山本選手も進学の可能性が高いようだ。

  

  • 兵庫県のドラフト候補一覧!
  • 報徳・田村、洲本に無四球完投勝ち!…春季兵庫大会 - 
    スポーツ報知
    :2012/04/30

     兵庫県大会は2回戦が行われ、報徳学園の右腕・田村伊知郎(3年)が今春センバツ出場の洲本に無四球完投勝ち。1年夏と2年春に甲子園に出場したエースは、昨夏、昨秋も下している相手に全投球の9割以上を直球で勝負し、7安打(うち内野安打4本)1失点と力の差を見せた。

    神港学園・山本、通算97号140メートル弾…春季兵庫大会 - 
    スポーツ報知
    :2012/04/30

     神港学園は「4番・左翼」で出場したスラッガー、山本大貴(3年)が高校歴代最多を更新する通算97号ソロを放ち、8強入りを決めた。

     高校球界の“本塁打王”神港学園・山本が推定140メートル弾をたたき込んだ。1―0の8回無死、4連続ファウルで粘った末に運んだ打球はバックスクリーンを直撃。「どこまで行くかなと思った。一番飛びました」と特大ソロを喜んだ。入学時に179センチ、110キロだった体重は92キロに。絞ったことで飛距離を伸ばしたアーチストは「(注目を)気にしないことで打てる」と前人未到の100本へ無欲を強調していた。


    PAGE TOP