青山学院大・吉田正尚選手が今季2号の3ランホームラン

吉田正尚, 青山学院大

 東都大学リーグでは青山学院大が拓殖大を破り勝ち点を挙げた。3番を打つ3年生の吉田正尚選手が今季2号となる3ランホームランを放った。

来年のドラフト候補

 吉田正尚選手は敦賀気比の出身で、高校では1年生でいきなり4番を任されるなど171cmと体は大きくないものの、そのパワーに注目されていた。左右にライナーを打ち分けてドラフト候補に挙がったもののプロ志望をせず青山学院大に進む。

 青山学院大でも2年時までは打率を残せなかったが、今春に打率.300を記録、チャンスに強いバッティングを見せて活躍すると、侍ジャパン大学代表にも選ばれハーレム・ベースボールウイークで活躍を見せた。

 そしてこの秋は開幕の駒澤大戦でホームランを放つと、この日は北海道日本ハムの大谷翔平選手の打撃フォームを参考にして、インコースのストレートを振り抜き、2号3ランホームランを放った。

 吉田選手に対するプロの評価は高く、来年は慶大の谷田成吾選手などと共に注目される事になる。


PAGE TOP