京産大が岩橋慶侍投手の好リリーフで1勝1敗に、関西六大学リーグもいよいよ終盤戦

龍谷大, 岩橋慶侍, 京産大, 西隆聖, 山田和毅

 関西六大学野球リーグでは、龍谷大vs京産大の試合が行われ、昨日は龍谷大1年・大符正希投手と京産大4年・岩橋慶侍投手の投げ合いを、大符投手が制した。

 この日の龍谷大はまたもや1年生で活躍している西隆聖投手が登板、京産大は2枚看板の山田和毅投手が先発すると6回まで無失点と投げ合いとなった。7回に京産大が昨日投げた岩橋慶侍投手がリリーフする、西投手も7回を投げ終えて降板、リリーフ対決となったが、岩橋投手が9回までノーヒットピッチング、1奪三振1四死球で無失点に抑える好投を見せると、味方が1点を奪い2-1で勝利を収め、対戦成績を1勝1敗とした。

 京産大は優勝の可能性を残すためにも今日は絶対に勝利をしなければならず、岩橋投手の登板となりそうだ。龍谷大は大符投手が再び登板する。

 大商大の金子丈投手の無失点記録や連続完封記録、龍谷大の1年生コンビの活躍、そして岩橋慶侍投手など今年のドラフト候補投手の活躍と盛り上がった関西六大学は、いよいよ終盤戦を迎える。


PAGE TOP