京産大・岩橋慶侍投手が8回無失点で27勝目、巨人など11球団のスカウト視察

大学野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 秋の大学野球シーズンが早くも始まった。

 関西六大学では京都産業大vs神戸学院大の試合が行われ、春季リーグで8勝を挙げた京産大・岩橋慶侍投手が先発すると8回まで4安打無失点、8回終了時に左足のけいれんで降板したものの、通算27勝目を挙げた。最速139km/hと球速は出ていないものの、大きなスライダーと強気のインコース攻めが岩橋投手の特徴だ。

 この日はプロ11球団のスカウトが視察に訪れ、巨人・渡辺スカウトは「ストレートだけでなくスライダーもいい」と評価した。岩橋投手はプロ志望届けを提出する事を明言しており、この日も試合後に「勝利を追求すればプロへの道につながる」と話した。185cmの大型左腕の動向に注目が集まってきた。昨年も大体大だった松葉貴大投手はオリックスのドラフト1位で、九共大の川満寛弥投手は千葉ロッテのドラフト2位、東北学院大の伊藤祐介投手が福岡ソフトバンク2位で指名されるなど、大学生左腕は人気が高い。岩橋投手も2位か3位での指名となりそうだ。

京産大・岩崎が完封「プロへの道に」  - デイリースポーツ:2013/9/1

 開幕戦を行い、3季連続優勝を狙う京産大が神院大に完封で先勝した。プロ注目の左腕・岩橋慶侍投手(4年・京都すばる)が8回を4安打無失点で、歴代8位タイの大学通算27勝目。大商大‐龍谷大は延長十二回に入った時点で3時間を超えたため、連盟規定により1死満塁のタイブレークを行い、大商大が2点を奪って辛勝した。

 エース・岩橋は八回終了時に左足のけいれんで降板したが、最速139キロの直球を武器に無失点に抑えた。「序盤はストレートが高めに抜けたが、後半で修正できた」と振り返った。秋のドラフトへ向けてプロ志望届を提出する予定で「勝利を追求すればプロへの道につながる」ときっぱり。11球団が視察し、巨人・渡辺スカウトは「ストレートだけでなくスライダーもいい」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント